10/23 歳内粘投するも救援不調で逆転され連敗 新人武岡・長岡はほろ苦い一軍デビューに

10月23日

ヤクルトスワローズ 3-4 中日ドラゴンズ

R H E
中日 1 0 0 0 1 2 0 0 0 4 10 0
ヤクルト 0 2 0 0 1 0 0 0 0 3 4 2

救援陣に差が出た内容で、点差以上に力の差が大きかった感じです。

ロドリゲス投手先発ロドリゲス投手。

制球が悪く、余り良い出来ではありませんでしたが、粘って5回途中まで投げ切りました。

このロドリゲス投手を完全に捉え切れずに終わったところが敗因の一つとも言えます。

5回途中からの 又吉、藤嶋、谷元、福、祖父江投手の救援陣からは四球さえ奪えない有様。

無安打で完全に抑えられました。

育成を考えてのルーキー2枚投入の構成ですから、6番以降は極端に攻撃力の落ちる打線では致し方ないところはあります。

歳内宏明投手先発の歳内宏明投手

中軸に対しての投球は、極端に警戒したのか勝負に行っていない内容で、ピンチを招く結果となっていました。

状況+場面での「慎重さ」と「大胆さ」がちぐはぐな感じで打者に飲み込まれている感じもあり、今後更なるステップアップの大きな課題とも感じました。

それでも2失点、勝利投手の権利を持っての降板で、取りあえずの責任は果たしました。

梅野雄吾投手要な場面で投入された梅野雄吾投手

根本には制球力の無さの問題です。

が、別の面から見ますと、先ほどの「慎重さ」、「大胆さ」の状況でのバランスに欠ける。

特に攻めの姿勢が空回りして、ある意味精神的な脆さを感じます。

この辺りは昨年からの課題ではありましたが、未だステップアップは出来ていないようです。

これが今年は先発の勝を潰す事が多く結果が出ない事につながります。

制球力を付け実績を残すことでしか解決の道はなさそうです。

梅野・今野・寺島・清水投手と繋ぎましたが、3者凡退で押さえ切ったのは寺島成輝投手だけでした。

来年、この若い投手陣が一回り大きくなってくれることを期待します。

あえて清水昇投手もひとくくりにしてしまいましたが、まだまだ伸びしろはあるはず。

シーズン後半一発を打たれることもあり、ここは真摯に反省して、さらなる飛躍を遂げて欲しい!

シーズン終盤に入り、戦力の育成の意味でのルーキー2人(武岡、長岡選手)を思い切っての6.7番先発投入でした。

残念ながら未だ一軍のレベルには達していない感じです。

武岡龍世選手長岡秀樹選手

振り遅れの状態で、まだスピードについていけない段階です。

まだまだ時間が必要と感じました。

投手の思うがままでバッテイングをさせてもらっていませんでしたから。

ほろ苦い一軍デビューになってしまいました。

数回はお試し育成で一軍の試合を体験させるとは思いますが、一軍の試合を肌で体験したことを糧にして、戸田に戻ったらしっかり練習に励み良い選手に成長して欲しいと思います。

塩見泰隆選手久しぶり出場の塩見泰隆選手

いきなりのホームランまでは良かったのですが、6回の後ろに逸らすエラー半ば帳消しの感じでした。

軽率と言われても致し方ないミスで、逆転のきっかけを与えてしまうこととなりました。

右中間へのホームランは評価ですが、今一つ地に着いたプレー、打撃が望まれます。

今日の先発は、小川泰弘投手です。

このところ炎上気味で、思った投球ができていません。

自信を失ってしまったのか、ノーノ―で燃え尽きたのか。。。

いずれにしてもいわばヤクルトのエースの看板を背負っていますから「悪いなりにも試合を作る」を見せてほしいと思います。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年10月23

東京ヤクルトスワローズ    3-4     中日ドラゴンズ 神宮球場
横浜DeNAベイスターズ  2-0  広島東洋カープ 横浜スタジアム
読売ジャイアンツ     5-4  阪神タイガース 東京ドーム

プロ野球 セリーグ 順位表  2020年10月23日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 105 63 36 6 .636 0.0
2 中日 107 55 47 5 .539 9.5
3 阪神 106 50 50 6 .500 4.0
4 DeNA 107 50 52 5 .490 1.0
5 広島 106 43 53 10 .448 4.0
6 ヤクルト 105 37 60 8 .381 6.5