小川好投5勝目。サンタナ・オスナアベック弾に絶好調塩見の3安打など良い試合運びで快勝

5月29日 対 オリックスバッファローズ

R H E
ヤクルト 2 3 0 0 1 0 0 1 0 7 12 1
ORIX 0 0 0 0 0 0 3 1 0 4 11 0
バッテリー
ヤクルト 小川泰弘、石山泰稚、H清水昇、Sマクガフ – 中村悠平
オリックス 田嶋大樹、比嘉幹貴、富山凌雅、金田和之、村西良太、山田修義 – 伏見寅威、若月健矢

前日とはうって変わって良い試合運びで快勝しました。

5月29日小川5勝目

小川快投で5勝 出典ヤクルト公式サイト

先発小川泰弘投手

ここ2試合良いピッチングで無失点で勝利を納めていますが、その調子を崩さない投球でした。

ミニキャンプ以降軸足への体重の乗りが良く、球に力が伝わって来ています。

変化球のコントロールも良く切れもありますので、少ない球数で打ち取っています。

組み立ても良い(常に追い込む)感じで、殆ど無駄玉が無いことで少なく済んでいます。

3回の満塁のピンチもしっかり粘り切りリズムに乗った感じです。

唯一の失投(真中へ入ったスライダー)をモヤ選手にホームランされ、夢の家は飛んで行ってしまいましたが危なげない内容でした。

ヤクルトスポンサーのオープンハウスが、「投手は連続27回の無失点で東京に家をプレゼント」という企画ですが、23でストップしてしまいました。

無失点が途切れた事もあってか7回まででしたが、ここ3試合救援陣も休ませ、先発としては最高の結果でした。

攻撃陣は、先制、追加点、駄目押しと試合の流れを渡さない良い試合運びでした。

塩見泰隆初回、塩見泰隆選手が幸先よくヒットで出塁。

中村、山田選手が四球を選び、チャンスに村上選手の犠牲フライで1点。

続くオスナ選手の内野ゴロで2得点目と、1安打で上手く(渋く)先行しました。

この様な点の取られ方は自滅感があって嫌なものです。

良い攻めでした。

それにしても塩見選手はこの日も絶好調。

2ベースを含む3安打の猛打賞でした。

2回はサンタナ選手の5号ソロホームランで始まりました。

サンタナ5号20210529撮影前岡正明

サンタナ5号 出典日刊スポーツ 撮影・前岡正明

一死後、西浦選手安打、塩見選手2ベース、中村選手安打と連打でしっかり追加点で5点差となりました。

投げる小川投手に理想的な援護点でした。

この1-2回は小技・大技で効率のいい得点でした。

5回タイムリー、8回ホームランと追加点を叩き出したオスナ選手が光りました。

オスナ3号

オスナ3号 出典スポーツ報知

しっかり5番定着の仕事でした。

調子が落ちている村上選手を埋めています。

唯一心配は、青木選手です。

死球を膝に受けてかなり痛そうでした。

大事なければ良いのですが。

精神的な支柱は欠かせませんから。

スアレスさて、今日はスアレス投手です。

前回は6回をしっかり投げ切りました。

今回も6回までは投げ切って欲しいものです。

対するオリックスは増井浩俊投手。

この勢いをそのままに、勝利して欲しいと思います。

プロ野球 セリーグ 順位表  2021年5月29日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 阪神 47 30 15 2 .667 0.0
2 巨人 51 25 19 7 .568 4.5
3 ヤクルト 48 23 18 7 .561 0.5
4 中日 50 19 23 8 .452 4.5
5 広島 44 17 21 6 .447 0.0
6 DeNA 52 15 30 7 .333 5.5