日本シリーズ第2戦 ソフトバンク強し ワンサイドゲームで勝利

11月22日 日本シリーズ第2戦

ソフトバンクホークス  13-2  読売ジャイアンツ

R H E
SB 3 1 2 0 1 0 4 0 2 13 13 0
巨人 0 0 0 0 2 0 0 0 0 2 2 2

本塁打

SB 甲斐 1号(2回ソロ 今村)、グラシアル 1号(3回2ラン 戸郷)、デスパイネ 1号(7回満塁 鍵谷)
巨人 ウィーラー 1号(5回2ラン 石川)

シリーズ前から予測はされていましたが、ホークス強しの試合でした。

初回いきなり3得点でもう試合の流れはホークス。

続く2回も下位打線で一発で追加点。

先発石川投手の初回の出来から、もうここで勝負アリの雰囲気。

3回も柳田選手の上手いヒットと好球を逃さなかったグラシアル選手の一発でおまけの追加点。

此れで完全にホークス安全圏への感じ。

石川柊太投手ホークス石川柊太投手

7点差で勝負を急いだ感じで5回にウイラー選手に一発を食いましたが、そのあとはきっちり締め直して慌てる様子なしでした。

そのホークス。

6回連打でチャンスを作られると、さすがにここは勝負どころと、豊富な中継ぎ陣を早めに投入してきました。

中継ぎ陣をまずはシリーズに登板させる意図も含め早めにです。

満塁でジャイアンツ中島選手が好球を逃して。。。これは痛かったですね。

この試合最大のポイントを凌いで流れを渡さず、グランドスラムで止めを差した感じでした。

ここまで開くと、その後も未登板投手試運転で注ぎ込む余裕の継投。

完全に ホークスの思い通りに試合を展開できた感じです。

対するジャイアンツ。

投手陣ほぼ万遍なく失点

打線も5安打散発で振るわず、「セリーグぶっちぎりのチーム」の面影なしでした。

それにしてもホークスは、交代で出場の控え陣も、出てくればヒット。

層の厚さを実感させられました。

今一機能できていないのは 周東選手位。

栗原選手などは絶好調で手が付けられない感じです。

此れで ホームに移動。

勢いが止まりそうもありません。

なんだかジャイアンツが一勝できるかが興味の対象になりそうな・・・・ますますセリーグ弱しが実証されるようで、困ったものです。

この試合も、青木選手藤川投手ゲスト解説をしていました。

青木宣親選手藤川球児投手

共に現役選手ならではの細かな分析もあり中々良い内容が語られていました。

さすがに実際対戦した内容などは現役ならではのものでした。

大変面白く聞くことができました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする