日本シリーズ第1戦 ホークスの良さが際立った展開

ヤクルト、ドラフト一位指名木澤尚文投手が仮契約となったようですね。

木澤仮契約

出典サンスポ

来シーズンのローテーション候補の一画を期待したいところです。

さて、日本シリーズ第1戦 11月21日

ソフトバンクスホークス  5-1  読売ジャイアンツ

さすがにこの時期、例年であれば完全にオフ。

そのせいか両先発、菅野、千賀投手共に出来は今一、本来の調子では無かった感じです。

共に制球が思い通りとは行かず苦労していました。

とは言えそこはエース。

粘りの内容での展開でした。

千賀投手201121

先発千賀7回無失点 出典ソフトバンクホークス公式サイト

違いは、甘い球を一発で仕留めた感じのホークス

対して、最後の一本が出なかったジャイアンツ

結果ホークスのペースの試合展開に持って行かれました。

栗原陵矢選手まあ栗原選手一人にやられた感じではありますが、ホークスの特徴が出た試合内容でした。

ホームラン、タイムリー、1・2番での足を絡めての得点、加えて安定した投手陣。。。良さが際立った感じです。

こういう短期戦ではラッキーボーイが明暗を分けますが、この試合では栗原選手でしたね。

唯一の不安は、点差が空き過ぎたか、登板間隔が空き過ぎたか、クローザーの森投手がすんなり締めくくれなかった所くらいです。

五十嵐引退日テレ系でゲスト解説デビューのスワローズOB五十嵐亮太さん。

まだ、公式サイトには投手で載っているので、OBじゃない?

投手の状態を的確に見たあたりや、打者の特徴のコメントなどが明快な感じでした。

声も明瞭で良い感じでした。

来年引く手あまたか?

チームスタッフになって入るにも、一度客観的に見る経験が役立つと思います。

日本シリーズ2戦目、ジャイアンツの反撃なるか。

今日はなんと青木選手が解説者デビューらしい。

それを楽しみにしています。