10/22 吉田投手大乱調で打線も振るわず完敗

10月22日

ヤクルトスワローズ   0-6  読売ジャイアンツ

R H E
巨人 1 0 3 0 0 0 2 0 0 6 8 0
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0

このところ踏ん張っていた先発陣でしたが、この試合の先発吉田投手散々の出来でした。

あっけなく3回持たずで大誤算の内容で全く試合を作れませんでした。

吉田大喜投手制球が最悪で、高めに浮き、変化球も切れずの状態。

本来は1回でノックアウトでしたが、余りの状態にジャイアンツも戸惑ったか。

ミスショットなどで一点どまりで救われ、2回は拙攻に助けられましたが。。。

さすがに3回はストライクを取りに行ってど真ん中を、松原・岡本選手に特大の一発で沈められました。

そもそも、しっかり調整したのか疑問に思える状態です。

ローテーション投手の条件「悪いなりに試合を壊さない」が全くできていない状態でした。

確かにルーキーイヤーですから未経験の要素が多いとは言えますが、それは甘えとも言えます。(同期の森下投手との格の違いを感じました)

打線。

4安打ではどうしようもない状態。

さほどの出来では無いサンチェス投手に手も足もではひ弱さを感じます。

3番 山田選手の不調が際立ち、6番以降が全く当てにならない状態ではこの結果も当然かもしれません。

繋がりが全く無く 得点期待は一発のみでした。

長谷川宙輝投手6回から登板の長谷川宙輝投手。

このところは弱点の変化球の制球の悪さを突かれて、じっくり待たれています。

変化球の制球が悪く、どうしてもボール先行の投球内容となってしまいます。

必然的に配球が読みやすく、追い込まれても怖さの無い投球となっています。

この試合も6回に2アウト後8番打者に簡単に四球。

ここで投手まで打順を回す結果になり、結果7回は先頭からに。

先頭に四球を出しピンチになる。。と崩れのパターンをそのまま行っています。

変化球(ストライクを取れる)の制球が上がれば、持ち前のストレートが更に生きて使いやすくなってきます。

この課題をオフに克服できるかで先が決まると思います。

収穫の少ない試合でしたが、初登板で2イニングを押さえた金久保優斗投手が光っていました。

4、5回と投げ、打者7人、安打0、三振1、四球1でした。

4回はかなり緊張していましたが、5回はジャイアンツの三本柱である坂本・岡本・丸選手を凡退させ、0点で切り抜けました。

未だ未知数ではありますが、まずは結果が残せたところは大きいと思います。

金久保プロ初登板201022

金久保プロ初登板 出典ヤクルト公式サイト

次は好調中日。

前回阪神戦に登板した歳内宏明投手が先発です。

前回は古巣とあって、緊張もあったと思いますが、今回は中日。

気分新たに、持ち前の粘りの投球をして欲しいと思います。

でも、中日は好調なので。。。この貧打では。。。心配

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年10月22

東京ヤクルトスワローズ    0-6     読売ジャイアンツ 甲子園球場
中日ドラゴンズ      1-0  横浜DeNAベイスターズ ナゴヤドーム
阪神タイガース      5-9  広島東洋カープ 甲子園球場

プロ野球 セリーグ 順位表  2020年10月22日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 104 62 36 6 .633 0.0
2 中日 106 54 47 5 .535 9.5
3 阪神 105 50 49 6 .505 3.0
4 DeNA 106 49 52 5 .485 2.0
5 広島 105 43 52 10 .453 3.0
6 ヤクルト 104 37 59 8 .385 6.5

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする