惜敗! 小川投手の踏ん張りも 僅差を広島が譲らず。。やっぱ、つよいわカープ

7/27 ヤクルト広島カープ 2戦目。

2:3でヤクルトの負け。

前日よりは試合にはなりましたが

広島 僅差をしっかり勝ち切れるあたりが 好調さの現れを感じる試合でした

点差以上に 力の差を感じる内容でもありました

先発小川泰弘投手。

期待に応えて踏ん張った(7回まで投げぬいた)のですが 一発に泣いた結果となってしまいました。

特にに初回、西川龍馬選手の初球一発は高めを上手く風に乗せて運ばれた感じで、ある意味不運でした。

逆に風を味方にした事も実力とも言えますが。・・・突然吹いたわけでもないので。

鈴木誠也選手、バティスタ選手の一発は好調さの現れで、中々この2人を押さえきるのは難しい。

ソロホームランで済んで良かったともいえます。

兎に角前にランナーを出さないようにしないと、簡単にビッグイニングになりかねない。

まぁ、口で言うほど簡単ではないのですが、今回の小川投手はそれができていたので、負け投手にしてしまったのが残念です。

ヤクルトは投打が噛み合わない時が多いのですが(今シーズンは特に顕著)、 中~後半一安打では 小川投手の粘りも生かせません。

広島のブルペン(遠藤ー今村ーフランスア)にきっちり仕事されて、ヒットすら打たせてもらえない状態でした。

すんなりゲームセット。。。うーむ

このところ不調気味の村上宗隆選手ですが、今日は好機にしっかり打点を上げました。

が、まだ全開とまでは行きません。

一回の満塁の場面も、犠牲打は打ててはいるのですが 少し打ち損じの感です。

立ち上がり苦労していた床田投手を一気に捉える展開に出来たかも?

ヤクルトの現状は「リードをする展開」にしないと中々勝てないです。

逆転の力は無いと思わざるを得ないことが続いています。

とはいえ、昨今打点が遠ざかっていたので、チャンスに犠牲フライを上げられたのは自信に繋がったのではと思います。

これでまた、ジャイアンツの坂本勇人選手と同打点で一位となりました。

それにしても、やはり穴はサード・ショートの二人。

打撃面でも 太田選手、廣岡選手のお二人は、7・8番という位置の役割が理解出来ているのかなぁ。。。

工夫もなくただ打ちに行く。

ボールに手を出す。

いきなり難球を打ちにいく。

小技も不得手・・・見ていてじれったいです。

まぐれのような大きいヒットも良いですが、打順の役割をしっかりこなすのが評価に繋がると思います。

梅野雄吾投手。5月の始めの感じに戻ってきたか・・・まだ安心とは言えませんがこのところ頑張っています。

結局この試合、広島に効率良く勝たれてしまいました。

さて、今夜の予告先発は、高梨裕稔投手です。

3タテに成らなければ良いのですが、今の広島では。。。

心配された台風は通り過ぎましたが、広島台風の方は通り過ぎるのを待つばかりかも。。。