年末 チーム編成も終盤 補強具合を考察してみた

ドラフト、FA移籍、契約更改と年末も近く、来シーズンのチーム概要も固まりつつあります。

ドラフトでは奥川恭伸投手を引当て成功の内容でしたが、FA移籍では外野の世代交代を狙った福田秀平(ソフトバンク)が取れませんでした

投手陣は、若手投手(長谷川宙輝:ソフトバンク、今野龍太:楽天)+MLB投手(イノーア:オリオールズ、クック:ダイアモンドバックス3A)と補強しています。

今だ実力は不明(未知数)で即戦力はどうなんだかなぁ。。。が正直の気持ちです。

ブキャナン、ハフが抜ける中ではいささか駒不足、層の薄さの解消は出来ていません。

今少し補強しないと今年の一番の問題は未解決のままです。

奥川投手は後半に使えれば十分で、余り焦らずじっくり育てたいところ

捕手は、嶋基宏選手(楽天)をとりましたが、リードはさて置き肩の衰えを考えればバックアプ要員となりそうです。

侍ジャパンに招聘されるなど、実績は十分ですが、近年は骨折や腰痛などで100%の力を出せずに出場機会を失っていました。

盗塁阻止率が1割を切るなど攻守の精鋭を欠き、新天地としてヤクルトに移籍をしてきたわけですから、まずは体調管理かと思います。

というわけで、捕手は「若手の成長を期待」ですね。

中村悠平捕手の故障具合如何で不安材料です。

内野は、一応実績のあるエスコバー(ホワイトソックス)を取りましたが、ここのところ全盛期を過ぎ力が落ちた感があり余り大きな期待はできないかもしれません。

若手刺激用には良いと思いますが。

一番は若手を使って行くしかないとして。。。

全体を見れば、やはり投手補強が更に必要ですが、すでに国内は固まっていますのでMLBからの補強期待でしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする