後半戦開始で見えた私感。優勝までの団子レースをどう利用するか。

ペナント後半戦開始で2カードが終わりました。

セリーグの上位3球団と下位3球団の状態は、概ね前半と変わらない感じです。

下位球団が大きく変わって躍進してくる要素はあまり見えず、それぞれのグループでの順位争いで今季は落ち着きそうです。

上位3球団ですが、いずれも突出した力がまだありませんので当面は団子レースとなりそうです。

ある意味、首位で追われる立場は辛いものがありますから、あえてジャイアンツ、スワローズは今のゲーム差をキープしてタイガースを追っていく方がいいかも知れません

この団子レース、8月一杯は離されずに付いて行くことを心がけ、あえて無理はしない。

つまり、は入れない。

この間に今の弱点を補完する整備に心がける。

例えば調子が良いメンバーをどうそろえていくかの見極めなどです。

9月から鞭が入れれる状態の整備が重要かと思います。

つまり、団子レースの3位をうまく利用してラスト優勝と行きたいところ。

タイガースは、メンバー全体の調子を如何に上げるか。

ジャイアンツはやはり菅野投手の状態を如何に上げるか。

ヤクルト投手陣の故障者など(金久保、近藤、小川など)を戻せるか。

このあたりがキーかと思います。

8月は下位に取りこぼすと、3コーナーで遅れることとなりますからご用心。

取りこぼしなく団子レースをうまく付いて行って、第4コーナーで一気に抜きたいものです。

そういえば2015年の優勝の時も似たような展開だったような。。。

そんなわけで今日からは広島との3連戦。

勝率を下げることなく、できれば2勝1敗のラインで(あわよくば3勝)で乗り切りたいところ。

先発は田口麗斗投手

田口4勝

田口粘投で4勝目 出典ヤクルト公式サイト

まずは初戦を抑えたい!

投打の奮起を期待します。

プロ野球 セリーグ 順位表  2021年8月18日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 阪神 90 52 35 3 .598 0.0
2 巨人 90 47 33 10 .588 1.5
3 ヤクルト 86 44 33 9 .571 1.5
4 中日 92 34 46 12 .425 11.5
5 広島 88 32 46 10 .410 1.0
6 DeNA 90 32 47 11 .405 0.5
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする