2021年CREWユニフォーム・燕パワーユニフォーム発表

すっかりオフのイメージで、2020東京ヤクルトスワローズファン感謝DAYが今年も行われ、選手ファンともに楽しい時を過ごした様です。

例年恒例の2ユニフォームが刷新されました。

今年も発表が行われましたね。

スワローズ CREWユニフォーム 2021年

CREWユニフォーム2021

2020年とはかなりのイメージチェンジとなりました。

ちなみに2020年はこちらでしたね。

CREWユニフォーム2020

デザイナーは、大岩 Larry 正志さん

スポーツデザイナー/ボイスアクターで、現在はヤクルトスワローズや楽天イーグルスのデザインを手掛けています。

2021 CREWユニホームの特徴は、サイドのカラーバーであり、
その色は、赤を始め、球団が過去に使用してきた色を配色し、
スワローズが積み上げてきた歴史を表現しました。
そして、2021 CREW キャップのYSロゴ
およびサンドにもカラーバーを配色し、
歴史に加え、新たな可能性を表現しました。

なるほど。

YSロゴにチョイこだわりがありますね。

CREWユニデザイン画

キャップのデザイン画では、ロゴとつばの縁取りがおしゃれになっています。

CREWユニキャップ2021

過去に赤のロゴを基調としたデザインはありましたが、今回は赤の強さが際立ち、闘志がみなぎるカラーになったように思います。

また、胸のロゴの字体と右上に向かうバランスは2019年のものを踏襲しているようです。

都会的でおしゃれなイメージはそのままと思います。

2021年のデザインは、割と好きです。

スワローズ 燕パワーユニフォーム 2021年

燕パワーユニフォームも同時発表されました。

緑が基調。。。ここは外せないんでしょうね。。。

燕ユニフォーム2021

変なギザギザ織りの生地でなく、スッキリしたと思います。

デザイン画がこちら

燕ユニデザイン画2021

デザイナーはCREWユニフォームと同じ大岩 Larry 正志さん

コンセプトは、

2021 TOKYO燕パワーユニホームのデザインは、スワローズの応燕(オウエン)カラーでもあるグリーンを中心とした配色にしながらも、CREWユニホーム同様に脇に共通のサイドのカラーバーラインを施し、スワローズが積み上げてきた歴史を表現しました。

CREWユニフォームの方は、ゴールド・レギュラー・キッズのどの会員でも特典でプレゼントしてくれるわけで。。。私にも届くはず(ちなみに19番石川さんでお願いしてありますw)

燕パワーユニフォームは、受注販売です。

昨日(12/6)から受注が始まっていますが、なんと、締め切りは明日12月8日

欲しい方はお急ぎください。

こちら公式サイトの購入ページです。

会員はログインして求めますと処理が速いですが、会員外でも購入できます。

燕パワーユニフォーム価格