バレンティン ソフトバンクへ。村上契約更改で大幅アップし、阪神近本と横並びに

バレンティン、やはりソフトバンクへ移籍となりました。

それにしてもソフトバンク、すでに相当層が厚いのに此れでもかと補強しますね。

一人二人不調でも全く問題無いような層の厚さです。

バレンティンはDH候補ですから、まずはデスパイヤとの競争です。

守備力を考えればレフトで使うのは余程の時でしょうが、まあデスパイヤよりはほんの少しは守れますかね。

少なくとも今までほぼレギュラーで守っていたので、守備のカンはあるかと思います。

ソフトバンクとしては、競争でDHのポジション(2人で)で40-50発、2割7分、100打点を打ってくれればなんでしょうが・・・・

バレンティンは守らなくなって気が楽になるのか、打つだけのDHの調子維持に対応できるのかの、未知数ではあります。

セリーグに比べ格段に良い投手の多いパリーグですが、新天地で30本90打点当たりを期待したいところです。

ファイトだ、バレンティン!!

さてさて、やっと聞こえてきました。

村上宗隆選手の契約更改です。

終盤近くでの契約更改。

5,000万には届かなかったのが残念ですが、なぜか阪神近本光司選手と横並び

4,500万

球団も悩んだんでしょうね。

新人王を取ってライバル以下ではみっともないし。。。

かと言って、800万をどこまで上げたらいいのか。

ちなみに、近本光司選手は、もともと1,500万で、村上宗隆選手の約倍。

4,500万は近本にとっては3倍村上にとっては5.6倍

悩み処でしたなぁ。

活躍した年の翌年が問題です。

一流に成れるか、一発屋で沈むかの分かれ目ですので、来シーズンは今年以上を期待します。

本人は、3割、30本、100打点と目標を掲げたようです。

3割を打つなら、三振は少なくなるはず。

オフにバッティング技術と守備練習をきっちりこなしてほしいものです。

ファイトだ、村上!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする