祝 青木宣親選手「三井ゴールデン・グラブ賞」外野守備受賞

守備力評価の、ゴールデン・グラブ賞の発表がありました。

青木ゴールデングラブ2020ヤクルトからは青木宣親選手が選ばれました。

リーグの最年長記録での選出です。

9年ぶり7度目となります。

メジャーへ行く前は常連でした。

メジャー帰りで3年目、しっかり日本の野球に勘を戻しましたね。

今年はセンターからレフトに変わり守備範囲が狭まった処は年齢的には幸いした感じです。

とは言え、余り守ったことが無かったレフトでいきなりの受賞はさすがの感じです。

走力が必要な外野で最年長で受賞は更に意味があります。

経験からの判断力と、果敢な守備が評価されたと思います。

・・・どんな場面でも諦めずに打球を追って良く走ってました。

もっとも、最年長で獲得されたとなると、別な意味で若手・中堅の選手は情けない気もします。

セリーグ全体で選ばれたのですが、外野の守備率1.000は、青木選手だけです。

次が山崎晃太朗選手の0.994ですが、山崎選手は受賞できませんでした。

青木選手本人は「来年もさらに精進して、この賞をいただけるように頑張っていきたいと思います」と述べています。

今の元気さであれば来シーズンも受賞だよね

<参考> NPB公式サイト2020年個人守備成績(規定以上)

赤字は今回のゴールデングラブ受賞者
規定試合数 :[野手] チーム試合数×2/3、[捕手] (同)×1/2 (端数は四捨五入)、[投手] 規定投球回に同じ

【一塁手】

1 ビシエド (中) .999 109 937 67 1 89
2 中島 宏之 (巨) .995 88 589 29 3 47
3 村上 宗隆 (ヤ) .991 94 640 51 6 49
4 ボーア (神) .991 97 840 60 8 74
5 松山 竜平 (広) .990 102 806 54 9 65
【二塁手】
1 菊池 涼介 (広) 1.000 103 193 310 0 66
2 吉川 尚輝 (巨) .993 104 183 242 3 51
3 阿部 寿樹 (中) .991 114 238 305 5 72
4 山田 哲人 (ヤ) .991 88 170 260 4 63
【三塁手】
1 高橋 周平 (中) .982 106 65 201 5 18
2 大山 悠輔 (神) .976 108 68 179 6 13
3 宮﨑 敏郎 (デ) .974 112 53 170 6 18
4 岡本 和真 (巨) .971 118 77 192 8 12
5 堂林 翔太 (広) .917 93 40 149 17 12
【遊撃手】
1 坂本 勇人 (巨) .991 113 176 288 4 65
2 木浪 聖也 (神) .980 91 121 269 8 51
3 京田 陽太 (中) .977 120 182 361 13 73
4 田中 広輔 (広) .974 112 165 287 12 62
【外野手】
1 青木 宣親 (ヤ) 1.000 99 190 6 0 3
2 山崎 晃大朗 (ヤ) .994 96 156 3 1 0
3 松原 聖弥 (巨) .993 84 131 4 1 1
4 鈴木 誠也 (広) .991 118 210 8 2 0
5 大島 洋平 (中) .990 118 202 5 2 2
6 梶谷 隆幸 (デ) .988 107 171 0 2 0
7 近本 光司 (神) .987 119 229 5 3 1
8 サンズ (神) .987 109 143 4 2 1
9 丸 佳浩 (巨) .986 119 210 2 3 0
10 佐野 恵太 (デ) .978 105 169 6 4 1
【捕手】
1 西田 明央 (ヤ) .998 62 381 46 1 4 1
2 木下 拓哉 (中) .997 87 599 58 2 7 4
3 大城 卓三 (巨) .996 85 498 48 2 5 2
4 會澤 翼 (広) .996 64 451 56 2 6 2
5 梅野 隆太郎 (神) .996 97 627 68 3 4 1
6 戸柱 恭孝 (デ) .994 95 590 53 4 7 7
【投手】
1 菅野 智之 (巨) 1.000 20 9 17 0 1
1 森下 暢仁 (広) 1.000 18 9 17 0 3
3 大野 雄大 (中) .972 20 7 28 1 2
4 青柳 晃洋 (神) .969 21 6 25 1 0
5 九里 亜蓮 (広) .966 20 6 22 1 1
6 西 勇輝 (神) .946 21 6 29 2 2

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする