プレミア12  プエルトリコに勝って2勝 高橋礼の快投に尽きる勝利で、ゴロの山は内野の守備練習場のごと

2019年11月6日。

プレミア12 第2戦 侍ジャパン対プエルトリコ

先発の、高橋礼投手の好投(快投)に尽きる試合でした。

テンポ良くストライク先行で、少ない投球数守備時間も短くまるで内野の守備練習のようなゴロの山でした。

何しろ取った18アウト中、14アウトがゴロ。

下手投げは希少なので、対戦した経験のない選手が多かったんでしょうね。

浮き上がって手元で伸びるので、豪速球ではないのにストレートでさえタイミングが取れず、芯を外して凡打になってしまう。

それに変化球を混ぜて、変幻自在な投球でした。

5回まで51球、6回2死まで内野ゴロか三振のパーフェクトピッチングという快挙。

外野がヒマすぎて、ちょっと気の毒な気もしましたが。。。

一方、打線はといいますと、相手のエラーとその動揺につけ込んだ鈴木誠也選手の「打ってすぐホームランとわかる一発」に終わった感があります。

取った点は3回の4点だけ。

相手のエラーにつけ込んだことは「機を逃さず」として評価できますが。。。

勝てば良いとは言うものの、シーズンも終わったこの段階では、ベストと言う訳にはいかないのは仕方ないとしても、この先さらに実力のあるチームとの対戦を考えるといささか不安が募ります。

結果は勝ちでしたが、今一の内容のように感じました。

つばめ一筋の気持ちとしては、今一不完全燃焼ですなぁ

前日も相手のミスからの得点で、自らの力よりは相手次第の感じです。

世界ランキング12位までのチームと対戦するのですから、相手が一筋縄ではいかないことは承知しています。

「相手のミスを誘発するように我慢の野球を辛抱強く行った」は間違いではないとは思います。

ただ、その先優勝を視野に入れる場合、打線の低迷は大きなリスク。

今日は、チャイニーズタイペイ戦です。

このグループ一番の難関となります。

投手力、守備力はもちろんとして、打線の奮起が無いと厳しい試合となりそうです。

復調の兆しが見えてきた坂本勇人選手。

ホームランを打った鈴木誠也選手。

今日は打線の力を爆発させ、Bグループ1位通過をして欲しいものです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする