本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。

木澤気迫の好投に応えオスナ3ラン、山崎勝ち越し、山田ダメオシ9号で勝利

オスナヒーローインタビュー プロ野球・打線

5月28日  対  楽天イーグルス

打線が良いつながりを見せて、相手投手陣を打ち崩しての勝ちでした。

 

5/28 楽天イーグルス 対 ヤクルトスワローズ 試合結果

R H E
ヤクルト 0 0 0 0 7 0 1 3 0 11 11 0
楽天 0 1 0 2 0 0 0 0 1 4 10 0

バッテリー

ヤクルト 高梨裕稔、木澤尚文、石山泰稚、田口麗斗、今野龍太、坂本光士郎 – 中村悠平、古賀優大
楽天 早川隆久、石橋良太、西口直人、鈴木翔天、小峯新陸、渡邊佑樹 – 太田光、堀内謙伍

オスナ3ラン同点打出典ヤクルト公式サイト20220528
 

イーグルス早川隆久投手

早川隆久

立ち上がり1,2番に安打を打たれながらも、良い形で併殺をとってからは安定した投球でした。

そのままヤクルト打線を抑え込みましたが、5回は突然制球が不安定となり崩れました。

 

4回に味方が2点の追加点をとって3点差となったのが吉と出ませんでした。

しっかり抑えたい節目の5回、勝ち投手を意識したのか、力みが出た感じがしました。

ヒット、四球でピンチを作ってしまい少し気持ちが動揺。

こうなるとなかなか立て直しにくくなってしまいます。

 

そこで最も避けたかったホームランで一気に追いつかれ、以降も立て直しが効かなかった感じです。

中々調子が出ないオスナ選手でしたが、ここではとても大きな働きをしました。

オスナ4号3ランで同点出典日刊スポーツ撮影・足立雅史

オスナ4号3ランで同点 出典日刊スポーツ 撮影・足立雅史

内角低め134キロを捉え、左中間へ球が着弾しました。

 

早川投手に打撃を与える意味では、山崎晃大朗選手イレギュラー内野安打での勝ち越しは大きなものでした。

山崎勝ち越しタイムリー出典ヤクルト公式サイト20220528

駆け抜ける山崎選手

この勝ち越し点で、早川投手は降板。

ヤクルトに有利な展開となりました。

 

この伏線は荒木貴裕選手の走塁です。

荒木貴裕

荒木選手は四球で出ましたが、長岡選手が送りバント成功で二塁進塁、塩見選手ショートゴロの間に好判断で三塁へと進み、勝ち越しへのお膳立てをしました。

 

 

なかなか調子が上がらなかった山田哲人選手。

ここぞに強いところを発揮で9号2ランホームラン

山田9号2ラン出典ヤクルト公式サイト20220528

態勢を決める一発、上手くバットにボールを乗せてのホームランでした。

山田選手ならではのバッテイング技術と思います。

ホントに上手く乗せ、ボールを運び届けました。

流石ですなぁ。。。

 

 

 

先発高梨裕稔投手

高梨裕稔投手

球威、制球、キレともに今一つでかなりアップアップの出来でした。

4回2失点後、無死一・二塁のピンチを残しての降板は、監督もさすがにもう我慢できない感じでの交代。

全く試合を作れず、投げて見ないと分からない不安定さはなかなか改善できません。

特に調子が悪いところでの粘り(修正力)がないところが残念です。

安定感、信頼感が今一つとなってしまいます。

 

 

試合を立て直したのが引き継いだ木澤尚文投手

木澤尚文投手

一点覚悟でしたが抑えきり、次のビックイニングを呼び込んだ内容でした。

2イニング無失点で投げ切り主導権を固めました。

ピンチの後にチャンスが来ることを、選手もファンも感じることができた気合の投球。

3勝目となりましたが、勝利投手に値する内容でした。

 

六大学の早慶戦では最終で早川投手に負けてしまいましたが、この戦いを#裏早慶戦と呼び、リベンジを果たしたと喜ぶファンが多いようです。

高津監督もキツイ状況に送り込むことで鍛えたいと考えている様で、期待度が大きいと感じます。

今後も頑張ってほしいですね。

 

 

今野龍太投手

今野龍太投手

古巣相手で力が入りすぎの感じでしたが、無難に投げきり一区切りの感じもします。

 

 

 

打線は全体に良いつながりを見せています。

その典型が5回の攻撃です。

ホームラン、ヒット、四球、バントと各要素をしっかり絡めての理想的なつながりでした。

同点ホームランだけで終わらず、勝つために繋げる意識がチームに行き渡っているのだと思います。

 

5番の中村悠平選手の渋いバッテイング。

中村悠平選手

この試合も、なんだかんだで3安打1打点と、「27番・伊達じゃない存在感」を発揮しています。

 

このところ攻守に安定感が出ている長岡秀樹選手も際立っています。

長岡秀樹

この試合も犠打成功、センターにタイムリー二塁打を放つなど活躍しました。

驚くべきは打点数です。

何と今季23打点は、現時点で村上、山田選手に続き、塩見選手と同点の3位に付けています。

チャンスに強いことはとても大事です。

 

 

 

次は石川雅規投手則本昂大投手の対決です。

石川雅規 VS 則本昂大

 

打線、この調子で頼みます。

相手は則本投手ですが援護を期待したいところです。

 

 

 

プロ野球 交流戦 試合結果 2022年5月28

東北楽天ゴールデンイーグルス 4-11 東京ヤクルトスワローズ 楽天生命
北海道日本ハムファイターズ  4-8 東京読売ジャイアンツ 札幌ドーム
埼玉西武ライオンズ      10-5 横浜DeNAベイスターズ ベルーナドーム
千葉ロッテマリーンズ     2-6  阪神タイガース zozoマリンスタジアム
オリックスバファローズ    1-4 中日ドラゴンズ 京セラドーム
福岡ソフトバンクホークス   11-1  広島東洋カープ PayPayドーム

 

 

プロ野球 セリーグ 順位表  2022年5月28日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 ヤクルト 49 30 18 1 .625 0.0
2 巨人 54 31 23 0 .574 2.0
3 広島 51 26 23 2 .531 2.5
4 中日 49 23 26 0 .469 3.0
5 DeNA 45 20 25 0 .444 1.0
6 阪神 52 20 31 1 .392 3.0

 

コメント