8/25 対巨人 最終回維持を見せるも時遅し。石川投手復帰も中継ぎ不調で敗戦。巨人菅野が開幕9連勝

8月25日

ヤクルトスワローズ 4-8 読売ジャイアンツ

R H E
巨人 0 0 1 0 1 0 5 1 0 8 18 0
ヤクルト 2 0 0 0 0 0 0 0 2 4 9 1

青木宣親選手最終回、青木選手が口火で粘りましたが遅きに失しました。

やはり攻撃は青木選手の存在なくしてはの感じをさらに強くしました。

9回裏、青木宣親選手レフトへホームラン

村上宗隆選手続く村上宗隆選手がセンターへ痛烈なヒット。。

ピッチャーの頭に当たるんじゃないかとヒヤッとしました。

ピッチャーが驚いて座り込みましたしね。

雄平選手エスコバー選手この試合から一軍復帰の雄平選手が四球を選び、エスコバー選手がセンターへヒット。

これで2点を奪い返しましたが、そこで終わってしまいました。。残念

ただ、次回につながる感じで、少し気が晴れました。

石川雅規投手先発、復帰の石川雅規投手

ブランクは否めず完全復調とはまだ行かない出来でしたが、それでも流石に粘りは見せ、5回2失点で役割は果たした感じです。

久しぶりでもあり5回までは予定されたのだと思います。

微妙な制球が今少し戻れば次は期待できると確信しました。

長谷川宙輝投手3番手、長谷川宙輝投手

間隔が空き過ぎたかな。。

変化球の制球が甘く、自慢のストレートも走らず、結局甘く入って痛打されました。

まあこれも経験となればと思います。

良いものを持っていますし、メンタルも強いしね。

大下佑馬投手試合を完全に崩したのが大下佑馬投手

1死満塁ですからきつい場面でしたが、2死から菅野投手に長打は如何にも迂闊。

2ストライクで甘いスライダーは幾らなんでも・・・その後エラーも合って追加点。

7回というイニングでの大量失点で、結果試合が壊れた形になりました。

如何にも勝負弱い印象で、ちょっと使いにくい感じです。

とはいえ、今3年目。

大卒後社会人を経てプロになったので、年齢は高いのですがプロとしての経験は浅く、このシーズンでしっかり経験を積む必要がありますね。

中尾輝投手8回に登板の中尾輝投手

ボール先行の相変わらずの制球不安。

苦し紛れでストライクを取りに行ってしっかり追加点されます。

ほぼ登板のたびに失点とこれも勝負弱く、課題の制球も解消されていない不安定。

存在感を示せずでした。

山田哲人選手山田哲人選手

初回は菅野投手の立ち上がりの調子が出ない所ではヒットが出ましたが、以降の打席は相変わらずの不調そものの。

やはり2番より6番あたりで気軽にさせた方が・・・

菅野智之投手さて、ジャイアンツ菅野智之投手

初回こそ立ち上がりで痛打されましたが、以降は付け入らせず 安定した内容。

圧巻の大黒柱の内容でした。

開幕以来10登板9勝0敗と無敵です。

コンディションを崩さなければ勝続けそうです。

今夜の試合、ジャイアンツは新外国人のディプラン投手です。

彼は、2013年からミルウォーキー・ブルワーズ傘下に所属、2019年までルーキーリーグ、1A、2Aでプレー。

2019年12月2日、読売ジャイアンツと育成契約で入団し、2020年3月31日、支配下選手登録されたとのこと。

未知数ですね。

ヤクルトは高橋奎二投手

前回は2回しか持たなかったので、今回はリベンジ。

落ち着いて、自分のペースで行きさえすれば大丈夫だと思うのですが。。。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年8月25

ヤクルトスワローズ      4-8     読売ジャイアンツ 神宮球場
横浜DeNAベイスターズ    3-0    広島東洋カープ 横浜スタジアム
阪神タイガース        2-1     中日ドラゴンズ 甲子園

プロ野球 セリーグ 順位表  2020年8月25日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 54 31 20 3 .608 0.0
2 DeNA 57 28 26 3 .519 4.5
3 中日 58 26 28 4 .481 2.0
4 阪神 55 25 27 3 .481 0.0
5 ヤクルト 55 23 27 5 .460 1.0
6 広島 55 22 27 6 .449 0.5

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする