メジャーリーグ 佳境へ ナショナルズ有利か、ヤンキースは田中先発

メジャーリーグも、リーグチャンピオン 決定シリーズに入りいよいよ佳境です。

ナショナルリーグ

本命ドジャースをうっちゃたナショナルズ。

ドジャースとの総力戦で投手の2枚看板(ストラスバーグ、シャーザー)を使えない初戦でした。

しかしサンチェスの好投で取った事で、断然有利となりました。

サンチェスは、あわやノーヒットノーラン達成かを思わせる力投ぶり。

軟投で快投(壺にハマると中々打てはないもので)素晴らしい内容でした。

2戦、シャーザーが期待通りのピッチングをすれば敵地で2連勝でかなり有利になります。

3戦はホームでストラスバーグが休養十分で登板でしょうから、スイープの可能性さえあります。

さて、2戦は?

そして、アメリカンリーグのヤンキース田中将大投手。

地区シリーズとは違い、リーグチャンピオンシリーズは第1戦の先発です。

大舞台での実力を評価されてのことでしょうが、期待通りのピッチングをできるのか。

楽しみでもあり、心配でもあります。

今、ナショナルズが勝利しました。

これで2連勝しホームに戻ります。

予想通りに3戦も勝利するか、さて、どうなりますか