接戦を制し僅差で勝利。中村逆転の一発と、奥村の守りが光ったゲーム! シビレた!!

8/6 ヤクルト 阪神タイガース 3戦目 神宮球場

4:3 で、ヤクルトの勝ち

僅差の試合をシビレるプレーで勝ち切りました。。。( ´ー`)フゥー...

最近は この様な展開の僅差の接戦を勝ちきる事がなかったので 状態上向きと見ました。

兎に角 この様な試合を勝っていけば、勝ち方への自信も徐々に付いて来るかな・・・それが大事!

先発ブキャナン投手。

相変わらず「ここぞ」で甘い球を投げる内容です。

最後の決め球がなぜか好球という。。。

立ち上がりの 廣岡大志選手の信じがたいエラー(ほんと不安定な守り)も手伝って、失点。

2回にはソラーテ選手に行き成りのど真ん中で 特大一発

「あぁ、何処まで持つか」のスタートとなりました。

それでも その後はピンチが続くも しぶとく(諦めず)粘って、なんとか6回まで持ちこたえた点は、これまでとは少し変れた印象です。

そのご褒美で2勝目が・・・良かったねぇ、ブキャナン

打撃陣は4回まではすんなりガルシア投手に抑えられて、2点が重くのしかかる展開となっていきます。

5回 死球で少しおかしくなった所へ ブキャナンさん きっちりバント。

野手より上手いか(笑)

最後は青木宣親選手が相変わらずのしぶとさの内野安打一点差としました。

少し流れを戻して、見るほうも真剣さが出てきます。

6回 中村悠平選手の一発で逆転

しかも、糸原健斗選手のファンブルに助けられた追加点で 2点差

中村さん しっかり読んでの初球の一発は 見事でした。

勝に持っていく流れに一気になって、腰が上がる。

後は 近藤―ハフーマクガフの勝ちパターン継投に・・ムフフ

ところが まあ毎度毎度3人が完璧中々難しいものです。

9回 さすがにしぶとい福留孝介選手。

見事口火を切られ 無死満塁の大ピンチ

内野ゴロで一点差まで追い詰められました。

このあと内野の頭を超えそうな当たりを、ショート 奧村展征選手の好捕のビックプレーで土俵際で踏ん張った。

あのプレーを見ると、奥村選手は少し8番とショートが近づいた感じです。

今はサード・ショートの人材不足で定位置がいないのでチャンスですよ!

このあと 好調近本光司選手は避けて満塁に。

ハラハラドキドキの展開となりました。

そこへ糸原健斗選手が一瞬捕らえた(満塁アーチ)かに見えた一発

が、 少し詰まって結果ライトフライ。。。いやぁ、心臓に悪いゎ

で、何とか逃げ切り成功しました。

マクガフ投手、出来は悪いながらしぶとく堪え切った。

それでこそ、クローザーですな。

今夜の予告先発は石川雅規投手だから、ほんと久しぶりの3連勝も・・・つい妄想

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする