ヤクルト オープン戦 初戦から見た今年

22日 ヤクルトオープン戦 初戦が 広島相手で行われました。

結果は 広島 7-6ヤクルト

初戦でもあり、各選手それ程長いイニング出場とはなりませんが、確認出来た点もあります。

山田、青木、雄平選手は順調の様です。

坂口選手は、まだ昨年の不安が払拭出来ているか、今少し状態を見ないとの感じです。

先発した高梨選手

この試合では結果が出ましたが去年の不安定さが何処まで解消出来たかは今少し長いイニングでの確認(次は少し伸ばすでしょうから)が必要。

この時期の第一段階はクリアと言った処でしょうか。

二番手のルーキー吉田大喜投手

コントロールされた内容で第一段階は合格の内容です。

中継ぎ要員候補に、次回の登板が楽しみです。

三番手のルーキー 杉山晃基投手

ストレートには威力があるのですが、如何せん変化球も含め制球難で(緊張もあったのでしょうが)、守りも含め課題山積の内容でした。

球速を生かせる投球が出来れば、まずは中継ぎ候補となれるのですが、次回で結果が出ないと黄色信号という感じでした。

投手陣での意外な収穫は、五番手の楽天からの移籍の今野龍太投手です。

中継ぎ候補となれそうな安定した内容で、今後に期待

野手では、新加入のエスコバー選手

短いイニングの出場でショートの守備での連携は確認出来なかったのですが、攻守とも期待の内容ではあったのでショートに固定出来そうな感触。

此れで行ければ、村上選手をやはりファーストに持っていき、残るはサード。

この試合を見る限りやはり廣岡選手は、内野守備には向いていないように思います。

打撃を生かして外野コンバートの手もあるのではないでしょうか。

バレンティンの穴が完全には埋まっていないですし。

この試合の様子では、まだ埋まるのには時間がかかりそうです。

広島で目についたのは、やはりルーキー 森下暢仁投手。

初回はちょっと力んで三振を取りに行って、レギラークラスに上手く攻められ失点はしましたが、以降の立ち直りは能力の高さ、ストレートに力も制球力もあり、評判通り結構行ける感触です。

少し経験を積めばローテーションには入れるのでは?

後内容がよかったのは、床田寛樹投手です。

まだまだの感じながら良い兆しでした。

本日の23日は日本ハム戦。

こちらは9-4でヤクルトが勝利しました。

ヤクルト次回は  24日 阪神戦です。

今年を占う第一歩がオープン戦です。

気を緩めず、レギュラーを奪いに行く気構えで戦って欲しいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする