連敗慣れしてきた自分を笑う 坂口、高梨の好投が朗報

阪口2イニング無失点出典ヤクルト公式サイト20230830-2 プロ野球・ピッチャー
阪口2イニング無失点 出典ヤクルト公式サイト2023/08/30

連敗慣れしてきました。

ここ2年ほど忘れていた感覚で、まぁこれが普通のヤクルトとでも言いましょうか・・・

 

7連敗って、今季何度目かとても覚えきれません(3度目だそうです笑)。

ここまでくれば5位も最下位も対して変わりありませんので、負けついでにもっと思い切って来季を考えた起用をしてもいい感じです。

見ている方としては辛いですが、どうせ負けるならばせめて有効に使わなければ・・・と思います。

 

8/30 中日ドラゴンズ 対 東京ヤクルトスワローズ  試合結果

R H E
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 2 0 0 2 7 0
中日 1 1 1 0 0 0 0 0 X 3 10 0

・ヤクルト本塁打      無し

・中日本塁打      無し

ヤクルト 小澤怜史、阪口皓亮、高梨裕稔、山本大貴 – 中村悠平
中日 小笠原慎之介、齋藤綱記、H藤嶋健人、Hフェリス、Sマルティネス – 木下拓哉

 

阪口2イニング無失点出典ヤクルト公式サイト20230830

阪口2イニング無失点 出典ヤクルト公式サイト2023/08/30

 

先発小澤怜史投手

先発小澤怜史投手

体のキレが落ちてきたのでしょうか。

総じて球が浮気味でした。

サイドスローの投げ方で浮いてベルトの高さでは、結果は見えています。

それでも何とか粘りましたが序盤で3失点でした。

現状のヤクルトの貧打線には重い展開となりました。

今季は6月に先発になってから、ローテーションをほぼきっちり守って投げています。

これまでのキャリアハイの試合数をこなし、ここまで踏ん張ってきましたが、疲れが出始めた感じです。

 

2番手阪口投手、3番手高梨投手は、まだ余り投げていないこともあって力が出せている感じでの好投でした。

 

阪口皓亮投手。

2番手阪口皓亮投手

2番手で登板した5回、3番からの上位打線を相手にしました。

先頭は打ち取ったものの4番石川、5番宇佐美選手に2連続安打を打たれましたが、続く大島選手をショートへの併殺で打ち取り、事なきを得ました。

阪口2イニング無失点出典ヤクルト公式サイト20230830-2

阪口2イニング無失点 出典ヤクルト公式サイト2023/08/30

6回は三者凡退で綺麗に終わり、回跨ぎを無失点で終えました。

 

投球後の私見ですが、いい球と悪い球がはっきりしています。

この欠点をオフには修正したいところだと思います。

直しようはあると思いますし、できるのではと期待しています。

 

高梨裕稔投手。

3番手高梨裕稔投手

2点を返した直後の7回に登板しました。

先頭の1番岡林選手を140Kmのカットボールでファーストゴロ

2番の村松選手には8球目を安打され、走者を出しました。

しかし、3番細川選手をレフトフライ、4番石川選手をライトフライに打ち取り無失点

石川選手への初球シュートが大きく抜けて頭付近を通過し、一瞬ヒヤッとしたのですが、総じては良い内容だったと思います。

 

中継ぎをあと一回くらいで、一度間隔を取って先発でしょうか。

なにせ来季の最大の課題は先発投手ですから・・・

 

8回は山本大貴投手が登板。

8回山本大貴投手

宇佐美選手をファーストゴロ、大島選手をセンターフライ、龍空選手を空振り三振と、11球でサクサク片付け、良い内容でした。

 

打線

この試合、1番から山田、オスナ、中村、村上、サンタナ、濱田、長岡、赤羽と打順をイジリました。

しかし、今一つ機能しません。

4回、2死満塁となりましたが濱田選手が倒れて無得点でした。

ここで1点でも返していればと思いましたが。

 

7回はやっと2点を返しました。

先頭の濱田選手が四球を選び出塁。

長岡秀樹選手が安打を打って1,2塁。

ここで代打に川端慎吾選手が送られます。

センターへポテンヒットを打って満塁となりました。

 

5回裏からレフトを守っていた内山壮真選手

8月10日以来の久々のタイムリーで2打点を挙げました。

内山反撃のタイムリー出典ヤクルト公式サイト20230830

内山反撃のタイムリー 出典ヤクルト公式サイト2023/08/30

しかし、山田、オスナ選手が倒れて2点止まり。

結果的にこの回あと1点が出なかったことが響きました。

せめて同点になっていれば、やりようもあったのではと思います。

8回フェリス投手、9回マルティネス投手に簡単にやられてしまい、試合終了です。

 

というわけで、ヤンスワは内山、長岡選手に安打濱田選手は1四球赤羽選手2度の三振で交代。

7回代走武岡選手は守備に就くことはなく、打つ機会もありませんでした。

内山、長岡選手を除き、総じてヤンスワも今一つのところです。

冒頭に戻りますが、負けついでにもっと思い切って来季を考えた起用をするとすれば、不調の山田選手の代わりにヤンスワでもいいのでは??と思ってしまいます。

 

さて中日とのカード最終戦。

ヤクルト先発は小川泰弘投手、中日先発が梅津晃大投手と発表されています。

小川泰弘2023 VS 梅津晃大

 

梅津投手は昨季トミージョン手術を受けたためリハビリをして、この試合が久々の一軍復帰となります。

故障前は何度かヤクルトはイタイ思いをしていますので、相性を考えての登板かもしれません。

今度はイタイ思いをせぬよう、頑張って欲しいと願います。

 

 

プロ野球 セリーグ 試合結果 2023年8月30日

中日ドラゴンズ        3-2  東京ヤクルトスワローズ バンテリンドームナゴヤ
東京読売ジャイアンツ     1-2  広島東洋カープ 京セラドーム大阪
阪神タイガース        2-4  横浜DeNAベイスターズ 甲子園

 

プロ野球 セリーグ 順位表  2023年8月30日 試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 阪神 117 69 44 4 .611 0.0
2 広島 119 65 50 4 .565 5.0
3 DeNA 117 59 55 3 .518 5.5
4 巨人 116 57 58 1 .496 2.5
5 ヤクルト 117 47 67 3 .412 9.5
6 中日 116 44 69 3 .389 2.5

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました