8/1 小川8回まで踏ん張るも、ミスが足を引っ張った負け。打撃陣の不調は疲れ?

8月1日

ヤクルトスワローズ   1-3  中日ドラゴンズ

R H E
ヤクルト 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 4 2
中日 1 0 0 0 0 0 0 2 X 3 5 0

8月に入りいよいよ正念場の時期となってきました。

暑さ、疲れで調子を崩すと連敗しやすく、このあたりで意外と差が尽き淘汰されるチームが出る時期です。

小川泰弘投手先発、小川泰弘投手

今年の傾向そのままに丁寧な粘る投球で8回途中まで投げましたが、最後は疲れが出た感じです。

バント処理もミスり自分で苦しくなってしまいました。

ただ前回のジャイアンツ戦も7回3失点でしたから内容的には十分と言えます。

長谷川宙輝投手最近火消しはもっぱら長谷川宙輝投手

今回も、ヒットは打たれましたが、併殺し、無事消し止めました。

良い経験を積んでいると感じます。

土壇場ギリギリを与えられ乗り越えることは、大きな糧になるはず。

中日先発、勝野昌慶投手

安定した内容で殆ど付け入る隙を与えませんでした。

これまで勝っていないのが不思議とも思える内容。

昨年の一勝がヤクルトですから相性がいいのかもしれません。

ヤクルトには迷惑な話です。

どうもヤクルト、同じ投手にやられる事が多い。。。ブツブツ

この試合のような接戦はミスした方が負けです。

初回・8回とミスが重なったヤクルトに対し、内野(京田・阿部選手)に好守が続いた中日がやはり勝ち切りました。

ヤクルト、この日も4安打(前日は5安打)と打線が下降気味です。

先発が踏ん張り始めたとは逆に、今までチームを勝に牽引してきた打線がつながりません。

全体に疲れが出てきたか。。。ここが踏ん張りどころ

中日 2日は梅津投手。

これまた前回抑え込まれて、苦手だな。。。 3連敗は避けないと。。。

しかし、こちらの先発は登録されたばかりの山中浩史投手。

今年はファームに4回登板して0勝3敗。。。大丈夫???

打ち上げ花火になりませんように。。。

奇跡を待ってる

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年8月1

中日ドラゴンズ     3-1  東京ヤクルトスワローズ 名古屋ドーム
読売ジャイアンツ   11-3  広島東洋カープ 東京ドーム
阪神タイガース    3-7  横浜DeNAベイスターズ 甲子園球場

プロ野球 セリーグ 順位表  2020年8月1日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 35 22 11 2 .667 0.0
2 ヤクルト 36 17 15 4 .531 4.5
3 DeNA 37 18 17 2 .514 0.5
4 阪神 35 16 17 2 .485 1.0
5 中日 38 15 21 2 .417 2.5
6 広島 35 12 19 4 .387 0.5

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする