金久保粘投で、意味のある勝利 序盤山田流れをつかむ先制2塁打 中盤サンタナ2号で横浜を突き放す

4月30日  対 横浜ベイスターズ

R H E
ヤクルト 0 0 2 0 0 2 0 0 0 4 8 0
横浜 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 6 0
バッテリー
ヤクルト 金久保優斗、近藤弘樹、坂本光士郎、梅野雄吾 – 古賀優大
DeNA 坂本裕哉、三上朋也、石田健大、シャッケルフォード、砂田毅樹、平田真吾 – 嶺井博希、戸柱恭孝

先発の金久保優斗投手の粘りの投球が光った試合でした。

4月30日金久保力投2勝目

先発が崩れて2連敗と少しムードが悪くなりかけたところでしたが、金久保投手が早々に良い流れに戻す好投でカードの初戦をとりました。

立ち上がりは制球難も合ってピンチを招きましたが、ここで粘って無得点に抑えたところは大きいと感じました。

ここで失点すると前の2試合の流れになってしまう所を粘って抑えきりました。

序盤は制球の甘さから中々思った投球ではありませんでしたが、イニングが進むにつれ修正してストレートの威力も出て安定してきたところも評価できます。

これまで投球数が嵩むと球威が落ちることもあって6回を中々投げきれませんでした。

この試合も6回に無死1,2塁のピンチとなりましたが、粘って自身で抑えきった所もワンステップ上がった感じです。

変化球の切れと制球が今少し改善出来ればもっと楽に投球でき、長いイニングも可能と思います。

安定感が出るとローテーションとしても楽になります。

金久保ヒーローインタビュー

6回まで行ったことで以降の計算も立てやすくなりました。

近藤、坂本、梅野投手がしっかり抑え、この3人で抑えきったところはカード全体からすれば非常に良い内容です。

近藤投手 坂本投手 梅野投手

4点差ととした事でこの継投ができただけにサンタナ選手の一発は効いています。

ホームランのサンタナ選手

4月30日サンタナ2号

4月30日サンタナ2号 出典ヤクルト公式サイト

甘い球(ほぼど真ん中これはさすがに)を貴重な一発でした。

中々ミートが出来ない中当たれば飛びます

慣れて何処までやれるかは未知数ではありますが、当面は7番当たりでの起用での様子見といったところでしょうか。

ただ心配された守備はかなり危ないものです。

この試合もホームランで交代となりましたが、守備力を考えれば相当打たないと中々難しいものがある感じです。

バレンテインを髣髴させますなぁ。。。あの守備もなかなかのもので。。。(+_+)

オスナついでに、オスナ選手

打撃は安定して良い感じです。

かなりの率は残せそうで、5番が埋まった感じですね。

3塁守備はこの試合までは守備機会が少なかったのですが、この試合は結構ありました。

送球は安定していますが少し三遊間方向の動きが悪い感じです。

もう少し様子見と行ったところ。

この頃当たり前に打つので、打ったことが話題にならないくらいになってしまった山田哲人選手。

4月30日山田先制2塁打

先取点は彼のバットから生まれました。

3回、8番古賀選手のヒット金久保投手のバント成功で2塁、1番塩見選手倒れ、2番の青木選手内野安打で1,3塁

ここをすかさずロングヒットで2打点でした。

チームが良い流れを作り山田選手が形にした、気持ちの良い先制だったと思います。

贅沢を言えば、9回川端慎吾選手の3塁打で一死三塁絶好の駄目押し点好機に、塩見選手初球の低めに手を出し最悪の内野正面(相手の思惑に嵌った)のゴロ

打つべき球を考えていなかった?

まあ結果的には体勢に影響はなかったのですが、このようなところでしっかり攻めることはこれからを考えれば重要です。

この試合、塩見選手は5打数1三振0安打で散々でした。

正直1番の人材としては難しいといつも思っているのですが、結果は押して知るべし。

もっと自由に自分のバッテイングができる打順の方が生きると思うのですがね。

高梨裕稔今日はデイゲーム。

高梨裕稔投手が先発です。

毎回5回を過ぎると球速・球威が落ち、無念の交代を余儀なくしています。

昨日の金久保投手のように、粘った投球で、せめて6回までを締めて欲しいと願います。

対する横浜は中川虎大投手。

2017年育成ドラフトで入団後2019年支配下となりました。

今季初先発がヤクルト戦です。

連勝すれば3タテもありうる展開ですので、連勝を!

プロ野球 セリーグ 試合結果 2021年4月30

横浜DeNAベイスターズ      0-4  東京ヤクルトスワローズ 横浜スタジアム
阪神タイガース         4-2      広島東洋カープ 甲子園
東京読売ジャイアンツ     2-3    中日ドラゴンズ 東京ドーム

プロ野球 セリーグ 順位表  2021年4月30日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 阪神 29 20 9 0 .690 0.0
2 巨人 30 16 10 4 .615 2.5
3 ヤクルト 28 14 10 4 .583 1.0
4 広島 30 13 15 2 .464 3.0
5 中日 30 11 15 4 .423 1.0
6 DeNA 31 6 21 4 .222 5.5

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする