石川今季初先発。らしさ全開の好投で大山、佐藤、糸原、サンズ他三振に取るも、藤浪への1球に泣く。

4月16日  対 阪神タイガース

ヤクルト試合結果

R H E
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 1
阪神 0 0 0 0 2 0 0 0 X 2 5 0
バッテリー
阪神 藤浪晋太郎、H小林慶祐、H岩貞祐太、H岩崎優、Sスアレス – 梅野隆太郎
ヤクルト 石川雅規、今野龍太、坂本光士郎、梅野雄吾 – 中村悠平

絶好調の阪神との対戦。

ヤクルトの好調の真価を問われる対戦でしたが、阪神が一枚上と言える結果でした。

とは言え投手陣の頑張りで強力阪神打線を抑えましたので大きく離された感じはしませんでした。

藤浪晋太郎この試合藤浪晋太郎投手に尽きると思います。

右打者への藤浪投手の真骨頂(?)のヌケダマで踏み込みを許さず、死球連発でした。

さすがにケガは勘弁でヤクルトにバッティングをさせませんでした。

このような投球スタイルへの是非はあるかと思います。

ワザとやってはいなくても、あの速さの強力な硬球を頭にでも受けたら、生死にかかわります。

踏み込めなかったのは理解できます。

主審へも3死球とちょっと前代未聞の抜け様でしたが、指にかかれば素晴らしくこの荒れようでは中々対処は難しかったと推測します。

ス○○A実況のアナウンサーが死球良しとするような発言でした。

死球にも衣類に触る程度のものと、頭を直撃して後遺障害を発するような厳しいものがあります。

今回は右打者の頭上間際への抜け玉が多く、選手は間違いなく危険を感じていたと思います。

腰が引けたといってからかうような発言には、疑問を感じました。

何にしても、これが全体にヤクルトのバッティングを崩し阪神の救援陣にも良い助けになってしまいました。

山田選手への死球後は少し置きに行ってピンチを背負いましたが、今季はここから踏ん張れるところが今までとは違っています。

援護が無ければ自らと、際どい変化球が外れた後のストレート待ちでした。

此れを捉えたホームランは見事と言えます。

藤浪投手らしさ全開の内容でした。

今季初先発石川雅規投手

4月16日石川初登板

5回、ランナーにまさかの2盗で藤浪投手に慎重になり過ぎた感じでした。

思いがけないホームランを喫しましたが、全体にはらしさが出た投球でした。

相手を手玉に取る老獪な球さばきは健在です。

強力阪神打線を相手に、5回を2失点で投げ切りました。

奪三振は6

三振に切って取ったのは、大山悠輔選手、佐藤輝明選手×2回、糸原健斗選手、サンズ選手、中野拓夢選手です。

主力打者を三振に取る様は爽快でした。

また、塁に出ると厄介な近本光司選手を、ゴロ、ゴロ、フライ。

マルテ選手をゴロとフライ。

藤浪投手への1球だけが悔やまれるといってもいいほどでした。

自らも安打を打ち、大卒投手20年連続安打を記録しました。

4月16日石川今季初ヒット

まだまだイケそうですが、間隔を開けての登板が良いと思いました。

次回こそ打線が援護してあげて欲しいと思います。

伏兵のホームランで決まりましたが、互いに自慢の打線が沈黙。

この時期は投手の調子が打者を上回る時期ですが、共に投手陣が好調と言える内容でした。

阪神の快進撃は暫く続くと思える試合運びでした。

小川泰弘さて、今日は小川泰弘投手です。

対する阪神は青柳晃洋投手。

藤浪選手とは反対のイメージです。

今日こそ打線が頑張ってくれることを期待!

雨、大丈夫かな。。。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2021年4月16

阪神タイガース               2-0  東京ヤクルトスワローズ 甲子園
横浜DeNAベイスターズ  0-7  東京読売ジャイアンツ 横浜スタジアム
中日ドラゴンズ         3-7  広島東洋カープ バンテリンドーム名古屋

プロ野球 セリーグ 順位表  2021年4月16日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 阪神 18 14 4 0 .778 0.0
2 巨人 19 10 6 3 .625 3.0
3 ヤクルト 18 8 7 3 .533 1.5
4 広島 18 9 8 1 .529 0.0
5 中日 18 5 10 3 .333 3.0
6 DeNA 19 3 14 2 .176 3.0

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ヤマ より:

    昨日の試合、何とも言えないですよね。
    あの抜け球をやられてしまうと、腰が引けるのも人間心理としては当然。
    結果、勝負以前の話になってしまったとも言えなくもない。
    朗報は石川投手ですね。投手に被弾というオチは付いてしまいましたが、次にきたいしたいですね!