初のカード3連勝でムードは最高! 高梨好投2勝目、中村1号村上7号を守り抜いた救援陣盤石

4月15日  対 横浜ベイスターズ

R H E
横浜 0 0 0 1 0 0 0 0 0 1 9 0
ヤクルト 2 0 0 0 0 0 0 0 X 2 5 0
バッテリー
DeNA 濵口遥大、平田真吾、山﨑康晃 – 嶺井博希、戸柱恭孝
ヤクルト 高梨裕稔、H近藤弘樹、H清水昇、Hマクガフ、S石山泰稚 – 中村悠平

押されながらも、投手陣が頑張って僅差を逃げ切りました。

DeNAとのカードは3連勝です!

DeNA、もう待ちきれずオースティン、ソトの両選手をスタメンに入れて来ました。

オースティン ソト

実戦で調子を上げるしかないチーム状態ですから、これはある意味当然と思います。

やはり2人が入ると打線は凄味が出てきます。

それぞれヒットも出ているあたりはさすがと思いました。

濱口遥大初回に2発で失点した濱口遥大投手

尻上がりに調子を上げて2回以降は安定しただけに初回の2発が悔やまれる内容でした。

初回を除けば高梨投手より良かった感じです。

この立ち直りで追加点が取れなかったヤクルトは試合展開を苦しくしました。

先発の高梨裕稔投手

4月15日高梨力投で2勝目

4月15日高梨力投で2勝目 出典ヤクルト公式サイト

テンポ良くストレートも走っていましたが、最初から飛ばし過ぎたか徐々に勢いがなくなった感じです。

最低線の6回を投げ切れなかった事は反省材料。

オースティンという強打者を抑えた後、気が緩んだのか四球でピンチを招いています。

どうしても球数が増えるとボール先行となるあたりに、中々7ー8回まで行けない要因がありそうです。

とはいえ、5回1/3まで失点1ですから、頑張りました。

その高梨の好投を引き継いだ救援陣が素晴らしかった。

近藤弘樹投手火消し2番手でこの試合も火消し役の近藤弘樹投手

ダブルプレーという最も良い形ですんなりピンチを救いました。

これで相手の勢いを消すことができました。

連日結構キーになるところをしっかり抑えて結果が出ています。

先発から 清水ーマクガフー石山投手に繋ぐ良い働きをしています。

先発が6-7回まで投げると良いのですが。。。

登板過多が心配です。

。。。にしても、救援陣盤石ですなぁ

清水投手マクガフ投手石山投手も、与えられた任務を黙々と遂行します。

このところ良いバッティングの中村悠平選手

4月15日中村先制1号

初回、思いがけない久しぶりの一発で先制です。

中村悠平選手インタビュー安打の延長がホームランとなったわけですが、ホームランが出るあたりに好調さが出ている感じです。

すっかり2番の顔になりました。

ヒーローインタビューでは、自身の思うところを述べていました。

撥ね返し、見返したいという意思を感じ、それこそが今季の結果と思います。

山田選手の動きが本来に戻りつつあり打席のフォームも良くなって3-4番が好調ですから、1-2番の出塁がカギとなっています。

中村選手の「繋ぐ」が今後も増々冴えてくれることを願います。

4番村上宗隆選手の働きに関しては、まさに4番の職務着々遂行中としか言いようがありません。

この試合でも7号ソロを放ち、それが決勝点になりました。

4月15日村上7号

これにより、4月15日現在のセリーグでの成績は、

本塁打  7  1位

打点   17  牧選手と同点1位

長打率  .759 1位

出塁率  .472 1位

四球   17  1位

得点   13  2位

塁打   41  3位

そして打率がついに.315で7位に入ってきました。

6号を打った後、「自分の感覚でこうしたほうがいいな、という部分があったので、それが今ちょっとずつうまくはまっていますけど、もっと打てる」と言い切っています。

進化し続ける4番が何処まで行くのか。。。期待!

3タテと調子が良いところで、次は絶好調の阪神戦です。

ある意味ここで真価が問われるとも言える3連戦となりそうです。

まずは、パワーピッチャーの藤浪投手真逆の石川投手

背番号19同士の戦いです。

藤浪晋太郎 石川雅規

準備万全にして、ついに石川雅規投手がマウンドに帰ってきます。

先勝できると俄然ムードが違ってきます。

楽しみな試合です。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2021年4月15

東京ヤクルトスワローズ        2-1  横浜DeNAベイスターズ 神宮球場
阪神タイガース          4-0  広島東洋カープ 甲子園
東京読売ジャイアンツ      5-1   中日ドラゴンズ 東京ドーム

プロ野球 セリーグ 順位表  2021年4月15日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 阪神 17 13 4 0 .765 0.0
2 巨人 18 9 6 3 .600 3.0
3 ヤクルト 17 8 6 3 .571 0.5
4 広島 17 8 8 1 .500 1.0
5 中日 17 5 9 3 .357 2.0
6 DeNA 18 3 13 2 .188 3.0