小川3回持たず降板の波乱。山田5号、青木、元山で追いかけるも敗戦。終盤警告で荒れた試合に

4月18日  対  阪神タイガース

R H E
ヤクルト 0 0 0 0 0 1 4 2 0 7 9 0
阪神 1 0 5 2 0 0 2 0 X 10 16 1
バッテリー
阪神 ガンケル、石井大智、岩貞祐太、加治屋蓮、H岩崎優、Sスアレス – 梅野隆太郎、坂本誠志郎
ヤクルト 小川泰弘、大下佑馬、今野龍太、坂本光士郎、梅野雄吾 – 中村悠平

如何にもありがちな展開となって、阪神の連勝となりました。

お互いの先発投手の出来試合の展開を決めた感じです。

ガンケル阪神 ガンケル投手。

持ち前のコントロールが冴え、殆ど付け入る隙を与えませんでした。

日本の野球への対応で、スピードよりコントロール重視と思える投球フォームです。

このスタイルであれば調子の波も少なく安定感抜群の感じです。

簡単には打ち崩せない(四球で崩れることはなく)連打が難しい投手となっています。

点差があったので6回で降りた訳ですが、ある意味これで助かった感じで、以降勝ちパターン投手以外が出てきました。

さすがにこのレベルは打てます。

ガンケル投手の良さを際立たせる結果とも言えます。

おかげでヤクルト、負けでしたが岩貞ー岩崎ースアレル投手を引っ張り出すことは出来、意地は見せれた感じです。

小川泰弘ヤクルト先発小川泰弘投手

スライド登板が完全に裏目に出た内容でした。

初回から球が高め(ベルト付近)に集まり、此れを好調阪神打線に簡単につかまって無死満塁。

犠飛での1失点で済んだのが幸運と言える出来でした。

2回は下位打線と言う事もあって、少し安心感が出て押さえましたが。。。

3回ガンケル投手にボール2球となって慌てて抑えにかかりましたが、力が入って制球が逆戻り。

フルカウントでど真ん中をヒットされてしまいます。

近本選手に上手くセフテイーを決められ(自分の守備の拙さも在って)、ここからは四球を絡めて崩れの一本道。

スライド登板の失敗ということにはなると思います。

それにしても3回(実質は2回)で大量失点では、以降につぎ込める中継ぎも限られます。

この試合のようにどんどん追加点を許し、追っても追いつけない展開を作ってしまいます。

正直、大下、坂本投手では今の阪神を抑えきれません。

先日、広島森下投手もスライドして失敗はしましたが、それでも中盤まで何とか引っ張っていました。

2年目の投手経験は少なく、止むを得ないところですが、10年選手で軸の投手としてはどうなのか。。。中々真のエースになれない所かなどと思います。

苛立ちついでに、気になったのが山崎選手の守備。

初回大山選手の犠牲フライをとった後、中継の山田選手に正確に返球せずオーバースロー

これ自体で何ら状況は変わりませんでしたが、日ごろからきっちりとしたプレーが出来ていないと思わぬ失敗を何処かで生みます。

加えて3回。

当たりと走者の足を考えれば間に合わないのに、バックホームをしてしまいます。

一塁走者を三塁に進めてしまったバックホームの判断。。。失策はつかないものの疑問です。

足は早いので守備範囲は良いですし闘志もありますが、球際と判断はまだまだ。

レギュラーを取る為にはここは・・・・頑張って欲しいところです。

愚痴ってばかりでも何なので、良かったところも記しておきたいと思います。

まずは復帰後初打点青木宣親選手

8-0の6回表。

33イニング無得点を続けていた阪神に、ストップをかけました。

4月18日青木タイムリー

中村悠平選手が二塁打、村上宗隆選手が安打を打ち、1-3塁でのタイムリー。

思わず「渋いなぁ」と口走ってしまいましたが、打撃職人の面目躍如でした。

タコにならずに済んだ。。。さすがのヒットでした。

状態が上向きになってきたトリプルスリー男の山田哲人選手

4月18日、山田3ラン

山田5号となる3ラン 出典ヤクルト公式サイト

7回、2アウト1-2塁からのレフトへの5号3ランホームラン

これで8-5まで詰め寄りました。

また、忘れてはならないのが、スタメン入りした元山飛優選手の猛打賞です。

4月18日元山猛打賞

不調の西浦選手に変わり、8番ショートで入りました。

5回まで誰も打てなかったガンケル投手に対し、3回、5回とヒット

7回、石井大智投手からもヒット

8回はセカンドゴロでしたが、打点が付きました。

チャンスを生かし、次回の先発も勝ち取ったと思います。

ともすれば山田選手の交代後の守備要員としての使われ方になりがちでしたが、今回は堂々とショートをもぎ取る勢いです。

将来が楽しみになってきました。

この試合最後は警告試合となりました。

梅野投手が死球を与えたところでですが、伏線は前の試合での藤浪投手の2死球(おまけに主審に3死球)であることは間違いありません。

この試合も阪神2死球、ヤクルト1死球

塩見選手は開幕1か月もたたないうちに4死球も受けてしまいました。

今季はせっかく故障なく頑張っているのに、ひどい仕打ちと思います。

投球術として内角攻めは必要ですが、それにしてはひどい内容と誰の目にも移ります。

不穏な空気を作った原因はやはり阪神にあると言わざるを得ません。

凄く後味の悪い試合にしてしまいました。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2021年4月18

阪神タイガース               10-7  東京ヤクルトスワローズ 甲子園
横浜DeNAベイスターズ  2-2 東京読売ジャイアンツ 横浜スタジアム
中日ドラゴンズ         2-4  広島東洋カープ バンテリンドーム名古屋

プロ野球 セリーグ 順位表  2021年4月18日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 阪神 19 15 4 0 .789 0.0
2 巨人 21 11 6 4 .647 3.0
3 広島 20 10 9 1 .526 2.0
4 ヤクルト 19 8 8 3 .500 0.5
5 中日 20 6 11 3 .353 2.5
6 DeNA 21 3 15 3 .167 3.5