10/3 対広島 スアレス6回までの好投が突如崩れ、中継ぎも崩れて大敗

10月3日

ヤクルトスワローズ   2-13   広島カープ

R H E
広島 0 0 0 0 0 0 6 7 0 13 17 2
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 2 2 9 0

中盤までは緊迫した投手戦で良い試合でしたが、終盤は一方的な展開でぼろ負けの大敗になってしまいました。

それにしても、まあよく打たれたものです。

7,8回連続でのビックイニングなんて・・・・

スアレス投手先発スアレス投手

6回までは素晴らしい投球で、緊迫した投手戦が繰り広げられました。

どうしたことか、7回突如崩れました。

6回までとは異なり急に球威・制球共に落ちた感じ。

ガス欠とも思えます。

急にへたったのはまたコンディション不良かなぁ。。。

嶋基宏捕手嶋基宏捕手

久しぶりの登場です。

まずは怪我が治癒し、良かった良かった。

しかしながら、やはり配球には?が付いてしまいました。

長野選手への外角スライダーはどうなのか。。。

ホームランとなってしまいました。

これでスアレス投手調子が狂って、連打されてしまいます。

また、3連続三振の大盛選手に油断した感じで初球棒球のストレートもどうなのか。

早めにしかけて来ることは明らかにもかかわらず、未だ選手の弱点を把握していないかの内容でした。

セリーグとパリーグでは選手の内容が違うと思います。

開幕当初からあまり変わっていないように見えます。

只、かなり久しぶりの1軍実戦復帰なので、試合感覚がつかめていなくて当然とも思えます。

今後に期待!

続いた、中澤、星投手良いところなくめった打ち。

長谷川投手も、ヒットに四球と、自責点はないものの今一つの内容です。

まあ年齢的に大きな期待(成長)は出来ない中澤投手は置いておいて、星知弥投手、長谷川宙輝投手は成長が止まっている感じ

この辺りが一段伸びてくれないと、どうにもなりません。

個々には良い球を持っていますが、此れを上手く使えずに未だ藻掻いて居るように思います。

清水投手が変わったように、こういう負けを糧にして来年こそ変身して欲しい。

森下暢仁投手対する広島、森下暢仁投手

完璧な投球で全く付け入る隙を与えない内容で、7回を無失点。

即戦力と評価で入ってきた訳ですが、正しく完成度の高い投手です。

ストレートに切れがあり、変化球を含めどの球でもカウントを取れ、決め球にもなる。

欠点が見当たらない投手です。

しかもルーキーイヤーなのにローテーションをしっかり守れています。

来年もこの感じを維持できると、リーグを代表する投手になる事に。

初回 真ん中のストレートを空振り三振で村上選手の調子を狂わせたこの試合。

全く良いところがなく終わらせた辺りが印象的でした。

青木宣親選手8回、青木宣親選手がかなり厳しいデッドボールをふくらはぎに受け、場内一時騒然となりました。

元々青木選手はデッドボールが多いのですが、今回のものは想像を絶する痛さのように見えました。

何でもなければ良いのですが。。。

さて、今夜は吉田大喜投手の登板です。

出来がさほど悪いわけではなく、それどころか粘投で6回まで投げているにも関わらず、負けが続いています。

頑張っているので、勝たせてあげたいと思うのですが。。。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年10月3

東京ヤクルトスワローズ  2-13    広島東洋カープ 神宮球場
阪神タイガース      4-7  読売ジャイアンツ 甲子園球場
横浜DaNAベイスターズ  7-9  中日ドラゴンズ 横浜スタジアム

プロ野球 セリーグ 順位表  2020年10月3日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 88 56 28 4 .667 0.0
2 阪神 89 44 41 4 .518 12.5
3 中日 91 42 44 5 .488 2.5
4 DeNA 92 42 45 5 .483 0.5
5 広島 89 35 46 8 .432 4.0
6 ヤクルト 89 34 49 6 .410 2.0

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする