10/4 対広島 投打噛み合わず3連敗 村上20号に希望を見る

10月4日

ヤクルトスワローズ  4-6  広島カープ

R H E
広島 1 0 1 0 3 0 1 0 0 6 10 0
ヤクルト 0 1 0 0 0 1 0 0 2 4 7 0

投打が今一つ噛み合わない負けのパターン3タテ3連敗と嫌な展開になってしまいました。

吉田大喜投手先発吉田大喜投手

今一つの出来ではありましたが、この試合に限らず、どうもスッキリ三者凡退と言うイニングが作れず、常にランナーを背負っての投球となっています。

決め球に欠ける弱点がこの結果ですが、常に攻められている感じで、当然守備時間も長くなり中々良い攻撃のリズムが生まれません。

このあたりが有る程度は投げれるが中々勝に持って来れない事につながっていると思います。

この試合でも、初回すんなり2アウトを取った後、鈴木選手をすんなり2ストライクと追い込みながら決め球に欠け四球、続いてヒットとピンチを招いています。

結果はミスで失点でしたが結果以前に問題点が有る感じです。

当然投球数も増え投球イニングに影響が残る事もあります。

5回ピンチで交代の状況でしたが、次回先頭打者で後アウト一つもあってか続投の選択でした。

これで結果時には致命的な3失点となりました。

勝負に拘るなら交代ですが、育成観点で続投が結果裏目に。

難しいところです。

この日上げた3投手(寺島、風張、久保)を早速登板させ模索が続く状態ですが、今一段ステップアップする選手が出ません。

地道にやるしかないのですが。

前日デットボールの青木選手はお休みでしたが、ベンチにはいたので一安心。

途中交代の山田選手 また体調不良なのか。。。

どうも今年は調子が上手くなかったか、完全な状態にはほど遠い様です。

遂に20本に乗せた村上宗隆選手

このところペースが上がったので30本に到達できるか・・・

村上20号201004

村上20号 出典ヤクルト公式サイト

モヤモヤの気持ちの中、村上選手の20号で少しスッキリ。

負けた試合ではありますが、ホームランダービーではトップに4本差で3位につけています。

打率2位打点3位で、これまたいい位置に詰め寄っています。

この堂々の若き主砲に、どれか一つでもタイトルを取らせてあげたい。。。保護者目線ですw

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年10月4

東京ヤクルトスワローズ  4-6    広島東洋カープ 神宮球場
阪神タイガース      1-7  読売ジャイアンツ 甲子園球場
横浜DaNAベイスターズ  9-3  中日ドラゴンズ 横浜スタジアム

プロ野球 セリーグ 順位表  2020年10月4日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 89 57 28 4 .671 0.0
2 阪神 90 44 42 4 .512 13.5
3 DeNA 93 43 45 5 .489 2.0
4 中日 92 42 45 5 .483 0.5
5 広島 90 36 46 8 .439 3.5
6 ヤクルト 90 34 50 6 .405 3.0

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする