3/2対日ハムOP戦 小川 格の違いを見せつけ、付け入るスキを与えない好投

3/2 日本ハムヤクルトオープン戦試合結果

R H E
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 8 1
日ハム 0 0 0 0 0 0 1 0 X 0 1 0

バッテリー

ヤクルト 小川泰弘、金久保優斗、高梨裕稔 – 中村悠平、古賀優大
日本ハム 加藤貴之、伊藤大海、S吉田輝星 – 宇佐見真吾、清水優心

いきなり日本縦断で札幌で日本ハムとのオープン戦です。

北海道でこの時期試合が出来るのはドーム球場ならではと思います。

ヤクルト投手陣はずらっとローテンション候補が登板となりました。

一番手小川泰弘投手

小川泰弘投手

1,2,3回を投げ、29球2三振無失点

相手のメンバーのレベルもあったでしょうが、ちょっと格の違いを見せた感じです。

ほぼ付け入るスキを与えませんでした。

順調な仕上がりを感じさせる内容で、開幕にアピールといったところです。

制球が命ですが少し安定感が増した感じです。

二番手金久保優斗投手

金久保優斗投手

4,5,6回を投げ、34球無失点

内野フライ2,内野ゴロ4,外野フライ2,ファウルフライ1と、うまく打ち取りました。

変化球が今一制球出来ていませんでしたが、緩急を試す試みがあって順調な仕上がりの感じです。

昨年はアクシデントもあってフルシーズン活躍できませんでしたが、今年はと期待されます。

三番手高梨裕稔投手

7,8回を投げ、28球1安打2三振1四球1失点

二人に比べると仕上がりは少し遅れている感じです。

課題の制球がまだ不安を抱きました。

中々修正できていない感じもあり、ローテーションは他の候補の出来と競争と思います。

新加入外国人の出来次第と言うようにも思えます。

攻撃陣。

レギュラー陣は順調の感じで開幕標準の感じです。

村上宗隆選手

塩見、青木、山田、村上、サンタナ、荒木選手に安打が出ました。

アピール組も、長岡、赤羽選手が安打と結果を残してはいますが、まあ経験の浅さが走塁などに見え隠れしています。

この試合積極走塁はいいのですが、まだ今一つ駆け引きタイミングが経験不足から十分ではありませんでした。

・3回、赤羽選手安打で出るも盗塁失敗アウト

・4回、サンタナ選手安打の代走内山選手、タッチアップ成功できずにダブルプレー

・6回、山田選手四球の代走丸山選手、盗塁失敗アウト

アピール組は失敗から学ぶ時期ですからね。。。もっとも日本ハムの守りも良かったのですが。。。

ただ監督とすれば「細かなことがシッカリ正確に出来ないと」の思いはあると思います。

正確さに欠けると接戦は制せず勝ち切れないので、大いに気にはなるのでは?

昨年はしっかりできていただけに、若手にも浸透させたいところです。

日本ハムすっかりイメージチェンジ。

豪快に打ってよりはしっかり守ってのスモールベースボールスタイルに大変身の感じです。

これはこれで行き方としてアリですが、後はしぶとくねちっこい攻撃が出来るかになります。

まだそこは未完成の感じも受けました。

色々雑感を述べましたが、まだオープン戦は始まったばかりで、今から完璧すぎるのも考え物です。

課題が見える方が修正できますから、アピール組は肌で感じ取って明日への力に変えて欲しいと思います。

次は石川投手。

期待します。