久しぶりに大量得点で目の覚めるような完勝! あ~スッキリした!

7/24 ヤクルト ジャイアンツ 2戦目

10:4 でヤクルトの勝ち!!

予想外の展開です。

久しぶりの二桁得点での”完勝“でした。

もっとも、 ジャイアンツの戦力確認の意味合いの強い起用に乗った形ではありますが。。。

まあ1戦目でしっかり頭のゲームを勝ち取っている余裕でしょうか?

でも、1勝は1勝、しかも完勝。

このような勝てる時を逃さないのは、うまく回ってきている感じです。

試合展開を振り返ります。

初回の中村悠平選手、太田賢吾選手の連打で大量点

特に太田選手の2点は大きかった・・・

中村選手は、このところ人が変った様に打ちまくってます・・本物の感じ。。。いいですねぇ

太田選手は、存在感を出さないと ベンチが待っているので、必死さが見られます。。。これもいいですねぇ

先発石川雅規投手は、何時もの制球が微妙に狂って初回2失点でした。

このところの投球とまではいかなかったけど、懸命に頑張って何とか5回まで踏ん張った

まあ 5回の2失点は 廣岡大志選手の相変わらずの守備によるところ大です。

最初も記録上はヒットとなりましたが、普通のショートならさばけてますし、おまけに慌てて送球エラーで思いっきり傷口を広げてしまいました。

これでは2点タイムリーが帳消しですが、彼の守備力を見ると想定内かと半ばあきらめです。

石川さんタイプの投球パターン(コーナーを突き、打たせて捕る)で、ショートの守備があれでは 安心して投げられないですよ・・・まったくw

だから、魔の5回を踏ん張った石川投手、勝ち投手になってよかったです。

結果的には バレンティンの2回表の2ランが大きいと思います。

詰め寄られてすぐ突き放したのが勝因ですね。

彼は、一時 力の衰えを感じさせる打撃で ホームランが出ていなかったのですが、夏場になって覚醒かァ?!

気持ちよくスイングして 3試合連発・・・気持ちが切れなければこの 「一発あり」は相手には脅威です。

子供の誕生がバレンティン選手をもう一度強くしたのかも。。。メンタル大事です。

5,7回としっかり追加点を取れ、展開を楽にして最後は余裕で逃げ切りました。

一人蚊帳の外の感 村上宗隆選手。

内外しっかり配給されて中々打てないですなぁ。

特にアウトローに変化球でしっかりカウントを整えられています。

少し ボールに手を出す選球眼のぶれも見られ、正念場に差しかかってきたか・・・

まだ若いので、経験を積んで一回り大きくなってほしいものです。

さて、今夜は対ジャイアンツ戦の3戦目

予告先発は山田大樹投手です。

このところ、先発ローテーションにしっかり加わってきました。

今日も頑張ってくれることを期待して。。