9/11 対巨人 久々のスアレス好投するも、バントが下手くそで惜敗。押し気味だったんだけどなぁ

9月11日

ヤクルトスワローズ 1-2 読売ジャイアンツ

R H E
ヤクルト 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 6 0
巨人 0 0 0 0 1 0 0 1 X 2 7 0

両先発投手の好投で、緊迫した投手戦の展開となりました。

「拮抗した試合を決めるのはホームラン」と言われますが正にその結果となりました。

先発、スアレス投手。

2か月ぶりの先発で何処まで戻っているか不安もありましたが、内容は以前の3試合と同じく安定した内容でしっかり試合を作った感じです。

スアレス好投200911

スアレス好投で6回1失点 出典ヤクルト公式サイト

今まで2、3試合投げるとコンディション不良で抹消を繰り返していますが、それがなければと祈るばかりです。

投手戦ではありましたが、少しヤクルトが押し気味でした。

ところが、スクイズバント失敗などで先行できませんでした。

追加点で先行出来れば展開は変わったかもしれません。

打てないならばせめてバント位はしっかりやってほしいものです。

「バントの練習をもっとしたら」といつも思うのですが。。。

ジャイアンツは中継ぎからクローザーまで充実していますから、7回まで同点ならばほぼ勝が見えてきます。

清水昇投手3番手清水昇投手

先頭を3球三振で調子に乗り過ぎたか、次の坂本選手に初球が甘めに入ってしまいました。

逃さずホームランされます。

8回裏ですからここでの失点は致命的でした。

特にホームランは要注意。

ホームランバッターに初球に甘くはなんとも大きな失投。

坂本勇人選手坂本勇人選手は2日前に3打席連続ホームランを打っており、ホームランが出やすい状況ですから。

清水投手は今年著しく成長していますが、このあたりに課題を残した感じです。

まだ2年目なので、課題山積は当たり前。

どのように克服するのか、さらなる成長を見たいと思います。

ラストチャンスの9回表。

西浦直亨選手制球が定まらないデラロサ投手を助ける送りバント失敗(併殺)の西浦直亨選手

流れを一気に潰す大きな失敗でした。

中堅どころの選手ですから、もっと相手の状況を考えた攻めが欲しかったと思います。

制球が不安なのですから、初球からバントもアリだったのでは。。。

西浦選手は余り小技は上手くないのでしょうかね。

これももっとバント練習の必要を感じました。

攻めに確実性がなく、スアレス投手の好投に答えられなかった展開でした。

今夜は吉田大喜投手です。

ジャイアンツ戦は7月24日以来ですが、その時も今村投手との対決でした。

結局引き分けましたが、今村投手は2回で交代しています。

今回の勝負はどうでしょうか。。。

しっかりローテーションに入っているルーキー吉田投手ですが、この頃負けが続いています。

今夜は勝たせたいなぁ

プロ野球 セリーグ 試合結果 2020年9月11

読売ジャイアンツ           2-1     東京ヤクルトスワローズ 東京ドーム
横浜DeNAベイスターズ  2-3  中日ドラゴンズ 横浜スタジアム
阪神タイガース         4-0     広島東洋カープ 甲子園球場

プロ野球 セリーグ 順位表  2020年9月11日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 巨人 69 43 22 4 .662 0.0
2 阪神 70 34 32 4 .515 9.5
3 DeNA 72 34 33 5 .507 0.5
4 中日 73 32 36 5 .471 2.5
5 広島 70 27 35 8 .435 2.0
6 ヤクルト 70 26 38 6 .406 2.0

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする