7月16日 対阪神 高橋踏ん張るも、後続が福留にやられ惜敗 3安打の村上は右足張りで途中交代

7月16日

ヤクルトスワローズ  4-6  阪神タイガース

福留孝介選手結果的には、ベテランの読みの福留孝介選手にやられた事になりました。

スライダー(2塁打)とストレート(HR) 共に、完全に読んでの一打の感じです。

超ベテランだけの事はある。

恐れ入った内容で勝をもぎ取られました

今回、勝てる展開ではありましたが、流れを取れきれないところが幾つかあり、逆転負けの結果になりました。

まず攻撃では、2,3回 村上選手が口火を切る形で先制・追加と良い感じでした。

にもかかわらず、5,6回の得点機を逃して流れをつかみ切れませんでした。

廣岡大志選手特に5回の攻撃で村上選手に代走で出た廣岡大志選手

そのままサードに入り、6回に出番。

その6回、無死満塁でセカンドゴロ

8回も走者2人で空振り三振となってしまいました。

内野の布陣が固まりつつある中、せっかくのアピールチャンスでしたが、残念な結果となりました。

どちらかで得点していれば展開は変わって来たと思われます。

このところは得点機を逃さず、これが勝につながっていました。

村上宗隆選手3打席3安打、打率を.390まで上げた村上宗隆選手

疲れ考慮で交代かと思いましたが、右足の張りで大事を取ったとのことで、安心やら心配やら。

大事に至る前に監督判断で休ませたようです。

高橋奎二投手守りでは、結構良い内容で頑張って来た先発高橋奎二投手

6回1点返されたところで、高橋投手から近藤投手への継投です。

確かに100球は超えていましたが、この交代はちょっと疑問。

軟投派の近藤投手では返って相手はやりやすいと思いましたから。

この先の若手先発の成長を考えれば、後一人、同点・僅差までは任せる考えもあったのではないか。。。

粘って踏ん張る事をさせなければ成長出来ないし、自信も付かないと思うのです。

極論「この試合任せる」事は合っても良いと思いますが。。。

清水昇投手セットアップの清水昇投手

ここまで奮闘してきましたがこの試合は 変化球の制球が甘く入る状態でした。

サンズ選手にホームラン、福留選手に読み来られまたもホームランの結果。

まあこんなこともあるか

気にせず次を頑張ってほしいです。

でも、多投しているからなぁ。。。疲れもあるのでは?

ベンチワークが失敗した感が強い 惜敗でした。

次は、ジャイアンツに3タテされた 広島です。

広島は過去 連敗の時にヤクルトに当たると意外に息を吹き返す事が多い記憶があり、心中不安がよぎります。

吉田大喜投手初戦は先発が吉田大喜投手

ルーキーですから、間違うと広島が大爆発しかねません。

打撃陣の応援が必須です。

爆打を期待!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする