オープン戦開始 内川早速の一発で好スタート。濱田も意地を見せ3ランと良い滑り出し

3月3日 オープン戦  対読売ジャイアンツ

R H E
ヤクルト 0 0 0 0 1 1 0 4 0 6 7 0
巨人 0 0 0 0 1 0 0 0 0 1 4 0
バッテリー
巨人 サンチェス、井納翔一、戸根千明、鍵谷陽平 – 小林誠司、炭谷銀仁朗
ヤクルト スアレス、マクガフ、原樹理、寺島成輝、今野龍太、近藤弘樹 – 中村悠平、古賀優大

ヤクルトオープン戦初戦は、セリーグ覇者のジャイアンツ。

先日にトレードを行ったチーム間での戦いと、そのあたりにも焦点が当たることとなりました。

廣岡大志選手

ジャイアンツのユニホームでベンチ入り(結構似あっているかも)

ジャイアンツの廣岡

早速中盤代打出場。

守備は坂本選手の後を受けてショートといろいろ試されている感じでした。

結果はさすがに緊張したか2三振で終わりましたが、オープン戦で実力を見せたいところです。

ヤクルトは、良い試合運びで勝利となりました。

オープン戦ですから余り勝敗は関係ないとは言え、やはり良い内容が多ければ結果は出ます。

しかもヤクルト「勝にこだわる姿勢」も重要ですから良い滑り出しでした。

内川聖一選手

ベテランらしい読みで難しい所を上手く打ってホームランでした。

オープン戦1号の内川

内川選手。オープン戦第1号のホームラン 出典ヤクルト公式サイト

やはりシッカリしたものを持っている感じです。

このホームランで本人も少し確信が持て、安心したかもしれません。

高津監督も5番ファースト内川が定着しつつあるようなコメントでした。

キャンプは2軍だった濱田太貴選手

いきなり長距離砲としての結果を出しました。

濱田HR20210303

まあ甘い所をしっかりホームラン。

逃さなかったどころは、2軍スタートだっただけに意気込みを感じます。

オープン戦で結果を残して更に外野の競争を刺激してほしいところです。

スアレス、マクガフ投手は実践には初登板でしたが、順調の感じでした。

光ったのは、今野龍太投手と近藤弘樹投手です。

今野投手はセットアッパーの役割も期待できる感じの投球でした。

三振が取れることが大きな条件ですが、今回も2三振を含む三者凡退でした。

清水投手の負担を軽減できるのではないかと思います。

近藤投手は、支配下に近付く内容で、中継ぎの層を厚く出来る期待が持てました。

ロングリリーフも可能なタイプで、中継ぎの結果では、先発ローテーションに名乗りをあげられるかもしれません。

田口投手を獲得したものの、やはりバンデンハーク、サイスニードの両投手が必要なところは大きく変わっていません

当面はフロントはここに集中と言ったところでしょうか。

今日は同じくジャイアンツとのオープン戦です。

わずかながらも観客が入り、応援をしている様を見ると、ついこちらも気持ちが入ってしまいます。

今日のオープン戦も楽しく観戦しようと思います。