9/23 対ジャイアンツ。若さが露呈し 負け。山田35号2ランなど、前半は良かったが。。。

9/23 ヤクルト読売ジャイアンツ 神宮球場

5:9で、ヤクルトの負け

若さ(経験のなさ)を露呈した感の強い内容で、押し切られました。

終盤まで接戦でしたが、終盤に若手がチャンスに打てず、投手も抑え切れず未熟さが目立つ展開でした。

先発、山田大樹投手

やはりここまで多くのイニングは投げていないということで、今回もスタミナ切れです。

キレ、球威共に一時の物は無く、4回4失点(取ってもすぐ取り返される相変わらずの内容)。

一年を投げきるスタミナが課題

村上宗隆選手。

8回の無死満塁で見逃しの三振は頂けない。

外角に意識をさせ一転内角からのスライダー。

配球を読めば・・・明らかなストライクに対して見逃しはちょっと考えられません。

2球目のつり玉の高めのボールに手を出したところも頂けない。

中山翔太選手

苦手な内角をしっかり攻められました。

最後は明らかに誘い球の、内野ゴロ狙いの外角球でしたが、ダブルプレー。

2球目の内角の打つべきでない球に手を出した時点で勝負あり。

共に、経験の無さからの未熟さとも言えます。

このチャンスに同点に(無得点)追いつけなかった事で勝負ありでした。

梅野雄吾投手

余りに不用意な投球で阿部さんにホームラン

悪い癖で、こういう場合は冷静さを欠くのか連打されます。

打たれ出すと連打され易いですね。

しかも最悪のホームランでした。

状況や相手打者をもっと考えた投球をしないと。。。

坂本光士郎投手

内野のミスもあったけど右打者に全く通用しません。

左にも四球ではワンポイントの起用も難しいのでは?

結局致命的な3失点で勝負ありです。

相対的に、終盤の若手の未熟さがやたら目立つ試合でした。

前半の山田哲人選手の35号2ランは勝敗に結びつかずで、残念です。

とはいえ、若手を起用するというのはその脆弱性も含めての覚悟が必要です。

若手は、自分のどこが脆弱なのかを試合を通じて体験し、今後につなげることが大切です。

ジャイアンツは、2番手の古川侑利投手が、ロングリリーフで完璧な内容でした。

クライマックスシリーズに向けた大きな収穫と思われます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする