9/25 対中日 大味な試合で敗戦。来期に向けた我慢の起用は分かるけど。。。

9/25 ヤクルト 中日ドラゴンズ ナゴヤドーム

12:0 で、ヤクルトの負け。

この位置でこの時期の試合ですから、いささか大味な試合にはなりがちですが、ヤクルトに取ってはあまりにも内容の無い試合でした。

ドラゴンズは、ホーム最終戦ですから余り見っともない試合は出来ません。

選手に登場機会を上手く作れる試合展開でした。

ヤクルトは、当然来期に向けた要素が強い訳ですから、勝敗よりも力の確認に重きを置き、ある程度我慢の起用でした。

結果大敗。。。あ~ぁ

大敗でも何か収穫があれば良いのですが、この試合では全く無しで終わりました。

先発、田川賢吾投手

序盤からかなり危なっかしい内容でしたが、相手のミスや幸運に助けられて5回までは一失点で何とかしのげました。

ところが6回は四球で自滅のパターンとなってしまいました。

まだまだローテーションはきつい?

いま少し中継ぎで経験が必要?

などと思います。

継投の坂本光士郎、平井諒投手は、共に全く良いところなく大炎上

これといった決め球に欠けるので、簡単に粘られ(打者に余裕が見られましたし。。)、

しかもボール先行では、ブルペンを担える力はまだないと言ってよい様です。

負けの展開では相手も雑で持ちこたえる事もありますが、接戦ではとてもとてもといったところ。

結局投手の駒不足の解消は今だ目途たたずですなぁ

お試し起用の濱田太喜選手

全く相手にして貰えずの感・・・まあ初戦はこんなものですかね。

投手と違い外野は余っている感じですから、行き成りアピールしないと次は難しいと思います。

監督采配以前に、「陣容構成(ドラフト、トレード・・)に責任を持つ側の方が問題」の感が強く見えた試合でした。

そういえば、小川監督が辞任をした後の新監督は、高津2軍監督の昇格でほぼ決まりのようです。

高津新監督就任時はコーチ陣も一掃されそうですし、どんな体制になるのか興味深いですね。