ヤクルト村上宗隆選手、スアレス投手が、発熱でPCR検査

6月4日 練習試合 第3戦 対中日

ヤクルトスワローズ 2-2  中日ドラゴンズ

中日は、若手中心、ヤクルトはレギュラー主体でした。

村上宗隆選手本来なら出場しているはずの村上宗隆選手

37℃の熱のどの痛みで即病院。

コロナウイルス感染症のためのPCR検査の結果待ちです。

「コンデション不良で休場」の発表に、「また?」と思ったのですが、発熱ではこのご時世出場させるわけにはいきません。

味覚障害などは出ていないようなので、ただの風邪と祈るばかり

さて、中日との3戦目です。

結果はさて置き、「成果あり課題あり」の試合となりました。

成果は、山田、廣岡選手の一発ですが共に「らしい」HRでした。

山田哲人選手山田選手

まあ順調と言ったところ。

普通に安打を打ち、ホームランも打てる。

今年はFAの可能性(出場試合数が満たされれば)なので、最後にもう一花咲かせて欲しいと思います。

廣岡選手は昨年の感じで、まだまだ安定感のあると言うより意外性?でした。

それはそれで化けていってくれると期待ですが、守備がねぇ。。。

山田大樹投手先発の山田大樹投手。

そこそこではありましたが4回で70球。

やはり球数を要する内容で昨年の課題が見え隠れしました。

早めに追い込んでも決めきれず、粘られ球数が増える

決めきる球の制球がやはり少し甘い感じでした。

5回あたりで息切れとなる不安があり、ローテーション要員ですが主軸は今年も無理かなぁ

高梨投手締めくくりの 高梨投手。

やはり力むと制球が甘く高めより

これも昨年パターンです。

安定感には不安を抱かせる内容でした。

これからドームでの巨人戦。

村上宗隆選手はまだ自宅待機でしょうが、練習試合のうちにコンデションを整えてほしいと思います。