高梨好投、魔の6回を制す。村上同点24号、サンタナ幻の3塁打も逃げきれず引き分け

6月30日  対  阪神タイガース

R H E
ヤクルト 0 0 0 1 0 0 0 1 0 2 9 1
阪神 1 0 0 0 0 0 0 1 0 2 6 0
バッテリー
ヤクルト 高梨裕稔、H今野龍太、清水昇、マクガフ – 中村 悠平
阪神 アルカンタラ、H及川雅貴、岩崎優、スアレス – 梅野隆太郎

格好のタイミングでリードしましたが、逃げきれませんでした。

先発高梨裕稔投手

高梨裕稔

久しぶりの登板で言わば再起戦でした。

今まで好投しても6回には崩れる(魔の6回)投球が続いていましたが、6回を投げ切りました。

今季記憶にある限りは初めて?

ようやく階段に足が掛かった感じです。

昇ったと思えるのは次も投げ切ればと。。。

序盤は制球が不安定で、無理に力を込めて逆に球威がない状態でした。

3回は持たないのではと思うほど、どうなるかの出来でした。

ところが、3回あたりから違ってきました。

カーブなど緩急を付けてのカウント球を上手く使って、ストレートも生かした内容に配球を修正してきました。

好投でした。

阪神打線も以前に比べれば好調の選手が少なかったこともあったかもしれません。

とは言え先発陣不安定なところ次回に期待です。

後半、今野、清水、マクガフ投手とここの所登板の機会が無かったいわゆる勝ちパターンの投入でした。

その中で、清水投手が痛恨の一発を浴びて引き分けとなってしまいました。

清水昇投手

清水昇

この試合の要注意打者マルテ選手に初球で上手く打ち取ったファールフライでしたが。。。

荒木選手が落球してしまいました。

エラーは付きませんがエラーです。

このようなケース往々にして打たれることが多いので要注意なのですが、案の定最悪のホームラン。

1-2と追い込んできただけに勝負を急ぎ過ぎての失投とも言えます。

清水投手。

昨年も被本塁打が多く、今年の課題と自身も位置付けていましたが、此れで7被弾目です。

中々改善していません。

登板状況は多少違いますが共に30イニング強を投げている今野投手が1被弾と比べると如何にも多い感じです。

セットアッパーとしては最も避けるべきはホームランでの失点ですから大きな問題です。

それなりに球威はあるもののやはり僅かな押し込みが足りないと感じます。

セットアッパーはクローザーとは違う難しさはあり経験も必要ですが、現状の数字では今野投手の方がセットアッパーとも感じます。

まぁ、この回阪神の好打者を3三振したのですから、実力は間違いなくあると思うのですが、たった1球の失投。。。さらに精進して欲しいものです。

さて、打撃。

またまたホームランの村上宗隆選手

単独首位の24号です。

村上24号

村上24号同点打 出典ヤクルト公式サイト

6月になって10本目となりました。

もはや甘い球は逃しません。

ただ心配。

村上選手一発はありましたが、全体的にボールに手を出す事が散見され調子は今一つの感じです。

まぁ、ホームランを打ちながら調整していく感じですかね。。。普通の選手と真逆ですが(笑)

サンタナ選手

サンタナアイキャッチ

外野が前進していたことも在って良いタイムリーでした。

しっかし、走塁がねぇ。。。なんとも。。。

完全にセーフタイミングでしたが、かなり前でのベッドスラでベースに届かずブレーキとあってはもう笑うしかありません。

今更足は早くはなりませんがせめてスライデイングは練習しないとね。

言われているほどホームランバッターの感じは在りませんので、守備力と考えると難しいものを感じてしまいます。

本人、頑張って3塁まで走ったのですから、もったいないと思います。

幻の3塁打となってしまいました。

さて、今夜は奥川恭伸投手が先発です。

5月16日先発奥川

甲子園と奥川。。。強烈に高校野球のイメージですが、プロになって投げることになりました。

このところ、試合を重ねるたびに進化しているので楽しみです。

ただ、相手がガンケル投手とは。。。

昨年中継ぎで見た時はあまり恐怖は感じませんでしたが、今季先発になってからは180度豹変しました。

何とか打ち崩し、奥川投手に甲子園で勝ちを付けてあげて欲しいと思います。

村上選手 2021年の全ホームランを記録しています

村上24号

村上宗隆選手 ホームラン記録 2021 24号を更新中

プロ野球 セリーグ 試合結果 2021年6月30

阪神タイガース      2-2  東京ヤクルトスワローズ 甲子園
横浜DeNA ベイスターズ  9-4 中日ドラゴンズ 神宮球場
東京読売ジャイアンツ   0-1  広島東洋カープ 東京ドーム

プロ野球 セリーグ 順位表  2021年6月30日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 阪神 71 43 25 3 .632 0.0
2 巨人 74 38 26 10 .594 3.0
3 ヤクルト 72 35 29 8 .547 3.0
4 中日 74 28 36 10 .438 7.0
5 DeNA 75 27 39 9 .409 2.0
6 広島 70 23 38 9 .377 1.5

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする