嶋選手入団と、奥川の将来

楽天から自由契約になった嶋基宏選手が正式にヤクルトに入団しました。

過去には何度もゴールデングラブ賞を取ったり、侍ジャパンのメンバーになったりと優秀な選手ではありました。

しかし、今年は腰痛で2度も登録を抹消されたことや、この頃の盗塁阻止率の悪さなどから、果たして彼を獲得する必要があるのだろうか。。。懐疑的でした。

でも、中村悠平捕手の体調がまだわからない状態で、若手だけにマウンドを任せるのは心もとなく、層の薄さを露呈していましたから、とりあえずの戦力かと短期的な獲得理由と思っていました。

しかし、報道では、嶋選手が田中将大投手の良いパートナーだったこと、元楽天監督の野村克也氏直伝の頭脳を持っていること、そして入団したばかりの奥川恭伸投手の尊敬している投手が田中将大投手であることなどが報じられ、少し考えが変わりました。

そういえば、ヤクルトには野村監督直伝の選手がいたんだよなぁ

古田敦哉とか。。。あ、高津監督も選手時代は彼の元で投手だったっけ。。

嶋選手の持つ捕手としての頭脳が、若い捕手に伝授され、それが奥川投手はじめ若手投手たちの将来への成長に役立つなら、かなり大きな意味を持つことになります。

それが本当にできるならば、安い買い物だったといえそうですね。

ヤクルトスワローズでの嶋選手の活躍を期待することにしましょう

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする