内山選手一発でフレッシュオールスターMVP

7月15日、フレッシュオールスターゲーム2021が、松山坊っちゃんスタジアムで行われました。

何と、フレッシュ中のフレッシュ、高卒1年目のヤクルト内山壮真選手が見事MVPを獲得しました。

フレッシュオールスター内山

先制ソロホームランの内山壮真選手 出典NPB公式サイト

中盤膠着状態のところでの先制の一発でした。

以降リードを守ってイースタン勝利でしたので、あまり勝敗に拘る所ではありませんが、試合的には良いところでの先制のホームランでした。

内山壮真選手は、体は大きくはありませんが飛ばす力は持っている選手です。

一年目でまだ少しプロの体にはなっていませんが、飛ばす能力があるだけに将来に期待が持てます。

右バッターでもありますし。。。

今季はお試しで一軍戦にも出ていますが(6打数で0安打)まずはじっくり体力造りの段階。

二軍での成績は、

140打席34安打、打率.243(7月12日現在)うち本塁打5、打点15

なかなかのもんです。

身長は171cmですから、小川泰弘投手、田口麗斗投手と同じ。

ヤクルトでは並木秀尊選手が170cmで一番背が低く、その次ですから、本当に小柄です。

フレッシュオールスターMVP内山壮真

MVPでヒーローインタビューの内山選手

捕手登録ですが、高校ではもともとはショート。

打撃の成長とチーム状況次第では、右の内野手という位置付けもアリかとも思います。

青木選手も2004年にMVPをとっています。

ルーキーイヤーでのMVPは何か特別なものを持っている様で今後に期待です。

フレッシュオールスターには、木澤尚文投手と元山飛優選手も出場しました。

木澤尚文選手

5番手で投げ、ピンチを背負いながらも無得点で凌ぎました。

フレッシュオールスター木澤尚文投手

力投する木澤尚文投手 出典NPB公式サイト

パワーピッチャーで良い球は投げていると思うのですが、パワーピッチャーに有りがちな「行先はボールに聞いて」の状態をまだ抜け出せていません。

二軍で制球と持ち球の数を増やし、一軍に来て欲しいと思います。

木澤尚文フレッシュオールスター

元山飛優選手

フレッシュオールスター元山飛優選手

9回表内野安打でタイムリーの元山選手 出典NPB公式サイト

今のところ一軍に出続けている元山選手。

タイムリーで1打点をたたき出しました。

一軍では62試合出場、29安打でホームランも2本ですから、ヤクルトの1年目新人としては中々のもの。

この頃は先発ではなく守備要員で使われることが多いのですが、背番号6を背負ってますから期待もかかっています。

どんな形でも出続けることで得るものも多いはず。

シリーズ後半の成長に期待します。

若手がどんどん出て競争をすることで、チーム力が向上します。

明日の若い芽を見ることができ、楽しめたフレッシュオールスターでした。

さて、今日はオールスターの本番です。

山田哲人選手、村上宗隆選手、清水昇投手、マクガフ投手、中村悠平選手が出場します。

ホームランダービーも楽しみなところです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする