アストロズ ア・リーグ制覇 ヤンキースはまたしてもワールドシリーズにコマを進めず

接戦でしたが アストロズが底力を見せア・リーグ制覇です。

ヤンキースも9回土壇場で、ルメーヒューの同点ホームランでしぶとく粘ったのですが、クローザーチャップマンの投球内容が2アウトまでの内容とは一変しました。

主軸のスプリンガーに四球、アルテュベに一発を浴びました。

ここぞで決めきるアルテュベの勝負強さの勝でした。

特に、ヤンキースの攻撃を2度の外野のファインプレーでしのぎ、勢いを削いだ守りは大きいプレーでした。

このシリーズ、ヤンキースの方が多くの安打を打つのですが決定打がなく、逆にアスロトズは少ないチャンスを確実に物にしています。

ホームランもランナーを置いての効果的なものが多く、効率的でした。

ヤンキースは試合の度に好調と思える打者を中軸に持ってくるのですが、打てない。

繋がりの悪さを感じます。

打順に一貫性のあるアスロトズ(1-5番は不動)に比べ、落ち着かない感じでバタバタ感が強く感じられました。

結局、ヤンキースのチーム構成は、全体も個々も走功守のバランスが悪く、いびつな構成に見えます。

シーズンは勝ち抜ける事が出来ても、リーグ制覇・ワールドシリーズ制覇には遠い感じです。

昔の様に極端に偏ったチーム間の力の差が無くなってきている今は、ある意味時代に合わない構成になっている感じです。

このままでは、後10年もワールドチャンピオンは難しいかもしれません。

此れで アストロズ はワールドシリーズ初戦コール、2戦バーランダーで行けるので、制覇も現実味を帯びてきます。