良いところなく 完敗。8回の4点で撃沈される。中日二桁安打でヤクルト4本とは。。来期が見えない

8/30 ヤクルト中日ドラゴンズ ナゴヤドーム

7:1で、ヤクルトの負け

良いところなくあっさり負け。

殆ど、収穫の無い試合でした。

先発 山田大樹投手

5回2/3で3失点で何とか試合を壊さなかったですが、初回の福田永将選手への一球は余り褒められる投球ではありませんでした。

決め球が甘く入る傾向が強く、見ていて不安なのですが、的中した結果になりました。

調整登板の石山泰稚投手

まだまだ本調子とは行かない内容ではありますが、それでも責任を果たし追加点を許しませんでした。

駒不足の現状では早く本調子になってほしいと願います。

この試合も4安打・・これでは勝てません。

それも、青木宣親選手、山田哲人選手が2本ずつですから 。。。後は音無し。。。静かなもんです。

初回 一死満塁で無得点でした。

ここでロメロを早めに捕まえ、先制できたら少しは展開は変わっていたかもなどと思います。

この時期、この位置ですから 来期に向けて収穫のある試合をして欲しいのですが、思うようにいきません。

山田哲人選手の連続盗塁成功記録更新は、明るい話題ではありますが、来季に向けたというよりは、あくまでも個人記録の域を出ませんし。

うーむ。。。ストレスが貯まる。

さて今夜の予告先発はブキャナン投手です。

このところ頑張っているので、今回も期待!

今夜負けたら5連敗ですから。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする