原好投・好守備も、4併殺に泣く  主導権を握れず3連敗

3/31 ヤクルト対巨人 試合結果

R H E
巨人 0 0 0 1 0 2 0 0 3 6 9 1
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 0 1 2 3 7 1

バッテリー

ヤクルト 原樹理、大下佑馬、大西広樹、坂本光士郎 – 内山壮真
巨人 堀田賢慎、H今村信貴、ビエイラ、S畠世周 – 大城卓三、小林誠司

サンタナ4号2ラン2022/03/31

3月31日  対 読売ジャイアンツ

相変わらず「投打かみ合わず」の感じでした。

3併殺されると勝てないと言われますが、5回で4併殺では勝てません。

相手先発堀田投手完全に初物という事もあって、掴み切れなかった感じもします。

堀田賢慎

ヤクルトはチーム全体で方向性を決めて攻撃しますから、データー不足が効いた感じです。

自慢のホークアイも、神宮での実戦があってこそですから。

緊張の中自滅しなかった相手に軍配ですなぁ。。。いい投手です。

先発原樹理投手

原樹理

立ち上がりは抜群の内容でしたが、2巡目で掴まりました。

1巡目が良いと、そのままの配球で行くか変えるか考えどころです。

内山捕手の経験のなさもあってか上手く変えきれなかった感じです。

特に坂本勇人選手に粘られて四球を出したが痛く、ポランコへは追い込んでから甘く入ってヒットとなってしまいました。

四球の意識を引きずった感じでした。

勝負を急ぎすぎ甘く入りやすい配球をしてしまったように思います。

内山捕手の未熟さがのぞいた感じもしました。

それでも5回までは粘りを見せての投球でしたが、6回は疲れか抜け気味の球の連発で、ストライクボールがはっきりしてきました。

無死満塁となりました。

粘って2アウトまでこぎつけましたが、最後勝負を急いだのかタイムリー。

制球力が落ちてきたのでカウント先行をしたかった所で甘く入った感じです。。

とはいえ6回3失点ですからクォリティスタートです。

原樹理投手の内容は良しとすべきです。

次回もローテーション投手として、頑張ってくれそうです。

そういえば、原投手は守備でスーパープレイを見せてくれました。

原樹理スーパープレイ2022/03/31

原好守備で、本塁を刺す 出典スポーツニッポン 撮影・村上 大輔

6回、満塁のピンチで岡本選手を投ゴロに抑え、倒れ込みながらも本塁に送球し三塁走者を本塁で刺しました。

素晴らしいフィールディングに思わず息をのみました。

内山壮真捕手は、一軍初先発で9回まで頑張りました。

内山壮真

要所に未熟さが見られたものの、全体としては19歳ながら頑張ったと思います。

監督も「特に悪いところはなかったかな。緊張もしたでしょうし、若いので思い切って失敗すればいいと思って送り出したんですけど、よく守ったと思います」とコメントしています。

全ての経験が糧になる年齢です。

どん欲に学んで、いつかは正捕手をつかんで欲しいと思います。

総じてこの3連戦は、打線のエンジンが掛かるのが遅くなかなかゲームの主導権を取れません。

3連戦一度も取れなかったのが結果に出ていると思います。

常に押される感じで、一方的な敗戦ではないのですがチームのムードはよくありません。

この試合も雨で中断中、ベンチに元気はありませんでした。

奥川投手の抹消では内容的にはかなりの時間がかかると考えられます。

大きな懸念ですが、あと一つは村上選手の状態です。

バットの出がよくありません。

フォームを変えたことの弊害が残っている感じで、スイングも少し落ちているように見えます。

評論家はあまり心配ないとしていますが、思った以上に戻るのには時間がかかりそうです。

バッテイングの影響が守備にも出て動きはあまりよくなく、この試合のミスもイージーなのもでした。

大きな試練かもしれません。

とはいえ、シーズン全てにおいて今後がこの様かと言うと、それは違うと思います。

どこかに活路を見つけ、迷いを振り切り、復活してくれることを信じています。

さて、雨降りしきる中での9回裏

サンタナ選手4号2ランが出ました。

サンタナ4号20220331

サンタナ9回裏4号2ラン 出典スポーツ報知

一塁走者は、四球を選んだ山田哲人選手。

最後まで試合を捨てないという意思が見て取れ、敗戦ではありましたが良い終わり方でした。

雨天と寒さの中、帰らずに最後まで見ていたファンをがっかりさせず帰路に付かせてくれたと思います。

明日への希望が出たことに感謝したいと思います。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2022年3月31

東京ヤクルトスワローズ   3-6   東京読売ジャイアンツ 神宮球場
中日ドラゴンズ      0-1  横浜DeNAベイスターズ バンテリンドーム
広島東洋カープ      3-2  阪神タイガース マツダスタジアム

プロ野球 セリーグ 順位表  2022年3月31日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 広島 6 6 0 0 1.000 0.0
2 巨人 6 5 1 0 .833 1.0
3 ヤクルト 6 3 3 0 .500 2.0
3 DeNA 6 3 3 0 .500 0.0
5 中日 6 1 5 0 .167 2.0
6 阪神 6 0 6 0 .000 1.0

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする