おっとっとォ土俵際踏ん張りM2だ 原樹理は本当によく頑張った!

10月24日  対  東京読売ジャイアンツ

R H E
巨人 0 0 0 0 0 4 0 0 0 4 8 0
ヤクルト 0 0 0 6 0 0 0 0 X 6 6 1

ヤクルト 原樹理、石山泰稚、Hスアレス、H清水昇、Sマクガフ – 中村悠平
巨人 戸郷翔征、今村信貴、田中豊樹、大江竜聖、大竹寛、畠世周 – 大城卓三

原3勝目

原粘投で3勝目、マジックを2に 出典ヤクルト公式サイト

本拠地で見っともない試合は流石にできません。

ここは全員で踏ん張って逃げ切っての勝でM2になりました。

阪神がデーゲームで勝っているだけに、結構プレッシャーの掛かる試合となりました。

このところ試合を作れない先発陣。

原樹理投手は絶好調ではないものの気持ちの入った粘りの投球で先制を許さず、しっかり耐えた感じでした。

原樹理投手

先制されると今のチーム状態では追う力が余りありませんから、このところの余波もあってズルズルと行ってしまうところでした。

6回にはエラーも在って失点。

少し飛ばした疲れからか威力が落ちた感じでしたが、試合を作りはしましたのでやはりこの試合一番の功労者です。

ほんと良く頑張りました。

総崩れを止めた。。。今季の成長が如実に現れた感じです。

今までの悪い流れを誰かが止めれば後も続くものです。

執念のタイムリーも気迫を見せたもので、投げて打ってで大活躍。

原タイムリー3打点

2番手石山泰稚投手。

石山泰稚投手

最近の調子からは、なぜ廣岡選手にあの球を?でした。

確か今季2本目ですよね。

何か見入られたように廣岡選手には甘いところに・・・・そして3ラン。

廣岡大志選手は今季突然のトレードでした。

巨人の最終戦でホームランを打ち、巨人の重要な駒になって今季が終わったのは喜ばしいとは思いますが。。。この試合は流石に打たれたくなかったのが本音です。

中軸をしっかり抑えた清水昇投手が光った感じです。

清水50ホールド

これで清水投手は50ホールドを挙げ、記録更新にまい進中。

それにしてもなぜジャイアンツは丸選手を早々に引っ込めたのか???

故障、疲れでもないようなのに不可解です。

昨日でCSが決まり、休ませようとしたのでしょうか。

奥川、高橋、原投手と先発に若手が台頭して来ましたので、来期が楽しみです。

先発奥川 好投の高橋奎二投手 原樹理投手

勝利はしましたが、四死球で相手がくれた好機を併殺でつぶしたり、不要な送球でのエラー(失点)、牽制死と今一ヤクルトらしいプレーができていません

また打線も今一つ決めに欠けています。

6点のビックイニングは作りましたが(原選手のタイムリー3点はラッキー)追加点が取れていません。

良い状態の時に比べ、まだまだのチーム状況を感じます。

この試合を含み残り4試合の段階では、優勝争いも佳境です。

この状況では今までの形を崩しても良いのではないかと思います。

7回塩見選手が四球で無死一塁となりました。

6回に2点差に追い上げられた状況下での7回です。

ここで青木選手にバントで送らせ、相手にプレッシャーをかける方法もあったのでは?

シーズンここまでは青木選手に任せる作戦でしたが、現状調子の良くない事も含めると、確実にプレッシャーを懸ける選択が正しいと思いますが。。。

8回、一死から中村選手が2塁打。

ここもオスナ、西浦選手に任せましたが、最近の状態を考えればここはオスナ選手に代打で川端選手だと思います。

今までの形を崩さない(軽々に弄らない)は重要ですが、より確率の高い選択をすることも重要ではないでしょうか。

最近の結果では当人も不服と考えることは出来ないですし、もしそれでやる気が無くなるならばそこまでだったと考えるしかありません。

我慢強く、結果を求めることは正しいのですがそれも時と場合と思います。

良い意味でしぶとく勝に拘る時期と思います。

今回の試合ではお互いに4番に対して、ぎりぎりのコースではありながらもほぼしっかり勝負をしたところが、最終戦らしいかなと思いました。

岡本選手は、空三振ー見三振ー中飛ー右安

村上選手は、二ゴロー右安ー四球ー遊ゴロ

最初に原投手が勝負をして岡本選手を三振に斬ったので、ジャイアンツもしっかり対応した感じです。

これで岡本選手の今季の成績が決まりました。

本塁打王争いは、広島の鈴木誠也選手との対決を残すのみ。

鈴木選手があと1本打ったら、3人同時に本塁打王になります。

そうなる前に村上選手に1本を期待したいのですが、避けられることが多いので達成は難しそうです。

ただ、打点だけはあと1打点、できれば2打点を叩き出して欲しいところ。

というか、マジックを消したいので、村上選手には奮起してもらいたいです。

村上宗隆選手はこの試合、前日の暗いムードを吹き飛ばす先制打で、4番の仕事をしました。

村上先制タイムリー

この先制打がきっかけで以降イケイケ状態になり、原投手の執念の3打点も生みました。

大きな貢献だと思います。

試合後のヒーローインタビューで「残り三試合、今、樹理さんが僕たちにプレッシャーかけたこと、言いましたけど、投手が何点取られても、僕たちが1点でも多く、取りたいと思います。なんとか、マジックあと二つしっかり勝って優勝できるように頑張ります。応援よろしくお願いします」とコメント。

ヒーローインタビュー

阪神が勝っても、あと1勝1敗1分け、1勝2分け、3分け以上で優勝できます。

私は前試合の大敗につい心が折れてしまいましたが、まだかすかに光が残っている様です。

チームスワローズの頑張りが報われることを、切に願っています。

プロ野球 セリーグ 試合結果 2021年10月24

東京ヤクルトスワローズ  6-4   東京読売ジャイアンツ 神宮球場
広島東洋カープ      2-7     阪神タイガース マツダスタジアム

プロ野球 セリーグ 順位表  2021年10月24日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 ヤクルト 140 72 50 18 .590 0.0
2 阪神 142 77 55 10 .583 0.0
3 巨人 143 61 62 20 .496 11.5
4 広島 140 60 68 12 .469 3.5
5 中日 142 54 71 17 .432 4.5
5 DeNA 141 54 71 16 .432 0.0

M2

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする