今年も正念場。個人記録の行方も佳境に。

8月も後半 いよいよ正念場を迎えます。

セ・パ共に残り30試合程度で、首位と後続のゲーム差が5-6ゲームと同じような状態。

8月末までに約10試合。 1/3程度を消化しますのでまさしく正念場となります。

「リーグ優勝争い」の観点で見ると、首位からすれば差を詰められたくは無いところで、離せればそれにこしたことはありません。

どのチームも、 現状一気に連勝できる調子では無いので このまま9月に突入となりそう。

クライマックスと言う妙な制度(国土が広く 地域制を引かざるを得ないメジャーならば分かるのですが)は別物として、やはり ペナントを取る意味は重要です(チャンピオンですから)

また、そろそろ、個人記録も気になるところです。

今日、8月20日時点でのセリーグの個人記録の様子を見てみましょう。

■まず、打率

1 鈴木 誠也 (広) .335
2 糸井 嘉男 (神) .314
3 大島 洋平 (中) .311
4 坂本 勇人 (巨) .311
5 青木 宣親 .309

■本塁打

1 坂本 勇人 (巨) 32
2 山田 哲人 (ヤ) 30
2 ソト (デ) 30

■打点

1 村上 宗隆 (ヤ) 83
2 坂本 勇人 (巨) 80
3 ソト (デ) 79

最下位のヤクルトですが、結構絡んでいますなぁ

打率

鈴木誠也選手を抜くのは、青木宣親選手といえどももう無理かな。。。と思います。

でも、本塁打

坂本隼人選手現在1位ですが、山田哲人選手は、まだ30試合残しているので射程距離内と見ます。

優勝争いが絡んでくるので坂本選手は手が抜けないでしょうが、逆に気楽な山田選手個人成績に走るという手もアリですから、追いついてほしいと思います。

そして、打点

一時スランプ気味だった村上宗隆選手でしたが、ここにきて調子が上向き。

あっという間にカンカン打って、現在トップ

このまま頑張れば、新人王が見えてきます

彼は、本塁打も28本。

先日初めて1日2ホーマーを打ち、いよいよホームランバッターとして開眼した感があり、そち

らの行方も楽しみです。

笑ってしまうのは、三振数です。

1 村上 宗隆 (ヤ) 143
2 筒香 嘉智 (デ) 118
3 神里 和毅 (デ) 113

ホームランバッターの宿命みたいなものですが。。。

外角ギリギリの変化球などを、ファールでカットできるようになれば改善されると思います。

まだ、ファールでカットしていく技術は未熟ですが、そのうちできるようになり、そうなると打率が上がってきますから、3冠が見えてきます。

来年以降が楽しみです。

これからは個人成績も視野に入れた戦いが佳境となります。

面白くなりそうですね。

さて、今夜の予告先発は、高橋奎二投手です。

前回8月11日は4回で降板し負け投手になっていますが、今回こそ6回までは最低投げて勝ち投手になってほしいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする