まさか! 広島に逆転サヨナラを決められ、詰めの甘さになく! 菊池・鈴木ライン。。。強いわ

8/20 ヤクルト広島カープ 初戦 マツダスタジアム

9:8 で、広島の勝ち。

うむー 実力差? 置かれた状況の差?

優勝争いとビリのチームの「覇気」の違いでしょうか。。。

結構良い展開で、 終盤8回に逆転、9回にも追加点と勝てる展開でしたが、最後は逆転サヨナラです。

最後まであきらめない、首位を追っているチームとの差を感じる試合でした。

日曜の展開も同じように、最終回追い詰められました。

最後の最後で踏みとどまれたのは、相手が優勝争いをしていない中日 ・・・ほんの僅かな差ではあるが意外とこのあたりかも??

先発の 高橋奎二投手

相変わらずの内容で 5回4失点は、今年の数字(防御率 6点台)通りとも言えます。

どうも一気に大量失点(準大量点)パターンが多いですね。

四球+安打で、打たれ出したら止まらない。単調なんでしょう。

それにしても キャッチャーの中村悠平選手。

キャッチングミスは相変わらずのようです。

投手のコントロールの問題もあるのでしょうが、ワンバウンド処理を大きくはじく場面が多く 結構失点に絡んでます。

正捕手なので、「なんとかならないかな」などと、つい思ってしまいます。

マクガフ、ハフの順番はどうなんでしょう。

先日の出来を考えれば、逆を考えても良かったのではと思います。

絶対的クローザー不在では、状況に合わせた選択をするしか無いので、今回はマクガフラストでもよかったような。。。

広島カープ。

やはり 菊池涼介(このところ打撃 絶好調)+鈴木誠也のラインは強い!

お膳立て完了で鈴木誠也選手に回ってきたのが 運の尽き。

ここまで無安打でも 3割バッターです。

3回に1回はヒットする確率。

ただ、ヒットならば対処しようもあった?のですが、9回裏という土壇場での最高の3ランホームランで同点 ・・・これでほぼ負けムードです。

こうなってしまっては、残念ながら抑える力は今のヤクルトにはありません。。。白旗を振ることになりました。。。トホホの結末です。

次は 石川雅規投手ですが。。。彼といえど、 逆転サヨナラでムード最高潮の広島を止められるのか、難しいかも。。。

老練な技とメンタルに期待するしかありません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする