本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。

村上9号も空砲 交流戦を前に10連敗で今季は終わった感 

厳しい表情の村上選手 プロ野球・期待の選手
ホームラン後も厳しい表情の村上選手

これで10連敗

統計上10連敗以上で優勝したチームは無いので、統計上今季はこれで終わったと言うことになります。

交流戦前でさすがに早すぎるのですが、今の状況が短期間で解消できるとは考えられません。

考えを変えて、来季以降を見据える方針に行くべきと思います。

 

日本は、メジャーほど大胆に(はっきりと)チームの作り直しに行きませんが、ダラダラと現状を引っ張ることは逆に長期の低迷を生みます。

現在のリーグ状況はチームに大きな差があるわけではありませんので、逆に梃入れ次第で状況は全く変わります。

これからは期待できる若手に、より多くの機会を与えてシーズンを有効に使うべきと思います。

 

この試合でも最後が丸山投手でした。

今までとは立ち位置が一段上がった起用で、これに応えていました。

野球は「気持ちの要素」がやはり大きいと感じる試合でした。

 

5/28 広島東洋カープ 対 東京ヤクルトスワローズ 試合結果

R H E
ヤクルト 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1 6 0
広島 1 0 0 0 2 0 0 0 X 3 7 1

・ヤクルト本塁打      村上宗隆 9号 ソロ(7回)

・広島本塁打      菊池涼介 3号 ソロ(1回)

ヤクルト 小川泰弘、星知弥、木澤尚文、丸山翔大 – 中村悠平
広島 アンダーソン、Hターリー、S島内颯太郎 – 坂倉将吾

 

村上9号ソロ出典ヤクルト公式サイト20230528

村上9号ソロ出典ヤクルト公式サイト2023/05/28

 

先発小川泰弘投手

先発小川泰弘投手

5回3失点と数字上はまあまあですが、今のチーム状況からすると物足りない内容となりました。

 

初回先頭にホームランを打たれ、行き成り「追う展開」にしてしまいましたから。

只でさえ気持ち的に劣勢のところへ、大きな重石を背負わせることになりました。

5回も無警戒でエンドランを決められ、拙守もあって状況から決定的な追加点を与える内容。

褒めたものではありません。

打ちあぐむ打線と相俟って、これでゲームオーバーと誰もが感じます。

まあ実力と言ってしまえばそれまでですが、真のエースとなかなか成れないところでもあります。

 

この展開になると、只でさえ気持ちで押されているのがさらにとなってしまいます。

気持ち的に押されては実力は出ません。

 

現状打線に全く脅威を感じない訳ですから、投げる方は思いきってきます。

まあ言葉が悪いですが「舐めている心境」かと思います。

更に打てなくなりますし、好機でも焦りが出るのは打線の方です。

投げる方は極端な言い方をしますと余裕を持っています。

まあ悪循環です。

 

この試合唯一の得点が村上宗隆選手の9号ソロでした。

村上9号ソロ出典ヤクルト公式サイト20230528

村上9号ソロ 出典ヤクルト公式サイト2023/05/28

 

淡々とダイヤモンドを回り、

9号でホームインの村上選手

ベンチに入っても、厳しい表情でした。

厳しい表情の村上選手

ホームラン後も厳しい表情の村上選手

危機感が出ていると思います。

 

8回と9回にそれぞれ得点機がありましたが、後続が倒れて攻めきれずに終わっています。

 

8回に関しては、3連投のターリー投手が相手でした。

3連投目でしたので、流石に球が荒れ、先頭の長岡選手が四球を選びます。

代打の川端選手がサードの悪送球によるエラーで出塁。

三ツ俣選手が送りバントを成功させ、1アウト2,3塁となりました。

 

ここで1点でももぎ取っていれば勝敗はわからなかったのだと思います。

しかし濱田選手が三振

頼みのサンタナ選手ライトフライに倒れ、得点は入りませんでした。

 

9回は2アウトから山崎晃大朗選手が安打。

中村悠平選手も安打と畳み掛けましたが、長岡選手が倒れ試合終了です。

 

なんだかスッキリせず、モヤモヤで終わってしまいました。

 

冒頭で述べましたが、丸山翔大投手が8回に登板し、三者凡退で押さえました

丸山8回を三者凡退出典ヤクルト公式サイト20230528

丸山8回を三者凡退 出典ヤクルト公式サイト2023/05/28

上本選手を三振。

秋山選手をセンターフライ。

マクブルーム選手をライトフライに仕留めました。

 

上本選手には6球中4球をストレート、最後高めの145Kmストレートでの空振り三振。

秋山選手はスライダー、カーブ、ストレートと緩急をつけたのち、低く落ちた136Kmのフォークでフライアウト。

マクブルーム選手には初球、外角低めの146Kmストレートを打たせてフライアウトでした。

 

上背があり、テイクバックに癖があってタイミングが取りにくいフォームです。

まだストレートでも押して行けますが、プロですからいずれ打たれます

変化球の精度を上げ、打者との駆け引きを覚えてタイミングを外すなど、今のうちからやることは沢山ありそうです。

しかし、大量得点差での敗戦処理ではなく、僅差の8回を任されたのですから1ランクアップの一歩前進ですね。

掛かるプレッシャーも違いますし、今後失敗もあるかと思います。

経験として打たれることも必要なので、数多く起用してもらい経験を積み上げることで、良い投手に育っていくように思います。

期待しています。

 

さて、明日からは交流戦です。

パリーグの力勝負のピッチャー相手では更に目に見えているようにも思います。

チーム状況も解っているので、勢い込んで「3タテ狙いのお得意」さんと感じているでしょう。

頭の痛いところです。

 

とはいえ、環境が変わると心機一転となる場合もあり、気分転換には良いかもしれません。

スタートは北の大地のエスコンフィールドです。

エスコンフィールド

エスコンフィールド

新球場ですので、見る方も興味をそそられます。

昨季のような勝ち方は期待できませんが、少しでも息を吹き返して欲しいと願っています。

 

2023年 村上宗隆選手 全ホームラン軌跡を特集

村上宗隆選手 ホームラン記録 2023 では9号(通算169号)を更新中です(こちら

村上9号ソロ

村上9号ソロ

 

プロ野球 セリーグ 試合結果 2023年5月28

広島東洋カープ      3-1   東京ヤクルトスワローズ マツダスタジアム
 阪神タイガース      4-1   東京読売ジャイアンツ 甲子園
中日ドラゴンズ      1-3      横浜DeNAベイスターズ バンテリンドーム

 

プロ野球 セリーグ 順位表  2023年5月27日 試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 阪神 46 31 14 1 .689 0.0
2 DeNA 44 24 19 1 .558 6.0
3 広島 46 24 22 0 .522 1.5
4 巨人 47 23 24 0 .489 1.5
5 ヤクルト 47 17 28 2 .378 5.0
6 中日 46 17 29 0 .370 0.5

 

 

コメント