本サイトにはプロモーションが含まれています。
本サイトにはプロモーションが含まれています。

オスナ3試合連続先制打も敗戦 朗報はサブ継投陣が踏ん張り大崩れせず試合を終える

オスナ先制タイムリー プロ野球・試合結果

小川投手に頑張りを期待した試合でしたが、要所で粘り切れずでした。

相変わらずの貧打ですが、オスナ選手がこの試合も先制打を打ち、好調を維持しているのが救いです。

4/22 東京ヤクルトスワローズ 対 東京読売ジャイアンツ 試合結果

R H E
巨人 0 1 0 2 0 1 0 0 0 4 9 1
ヤクルト 1 0 0 0 0 0 1 0 0 2 6 1


・ヤクルト
本塁打         無し

・巨人本塁打       無し

ヤクルト 小川泰弘、山本大貴、小澤怜史、尾仲祐哉 – 中村悠平
巨人 グリフィン、H直江大輔、H田中千晴、S大勢 – 大城卓三
オスナ3試合連続先制タイムリー出典ヤクルト公式サイト20230422

オスナ3試合連続先制タイムリー 出典ヤクルト公式サイト2023/04/22

 

このところのブルペン陣は、かなり登板過多気味ですので、負担軽減が必要。

よって先発小川投手の頑張りを期待しました。

ヤクルトの中では、数少ない長いイニングが期待できる投手ですから。

 

残念なことに、結果的には要所で粘れずで5回降板となってしまいました。

髙津監督2点差でしたが、高津監督は「主力ブルペン陣をつぎ込むことは、最初から考えていなかった」のだと思います。

小川投手が長いイニング投げれなければ、以降はサブメンバーでの継投で主力は休ませるという考えだったのではと思います。

ある意味負け覚悟の継投となりました。

まあ小川投手に預けた試合とも言えます。

結果としてサブ継投陣が踏ん張り、大崩れせず試合を終えたのですから、今後を考えますと朗報となったのではと感じました。

 

小川泰弘投手、今季4回目の登板でしたが、内容的には一番悪い感じでした。

先発小川泰弘投手

変化球はそこそこでしたが、何といっても要所でのストレートが中に入る甘い制球です。

全体として組み立てが苦しい感じとなってしまいました。

ストレートが不安となると緩急が効かずとなってしまいます。

 

以降のサブメンバーの継投で、まあ1失点ですから上出来とも言えます。

山本大貴投手

山本大貴投手

小川投手の後を受け、6回に登板しました。

吉川、秋広選手を凡退にできたので、上々かと思いましたが。。。

大城、グリフィンとアンラッキーなポテンヒットが続き、オコエ選手には二塁打されと、計3連打を浴びて1失点。

回の途中での降板となりました。

 

急遽火消し登板小澤怜史投手

火消しの小澤怜史投手

坂本選手には際どいところを攻めましたが8球目で四球となりました。

しかし、ブリンソン選手をセンターフライに打ち取って、無事火消し成功

7回も回跨ぎ登板しましたが、岡本、中田、吉川選手をゴロ、三振、フライと安定の投球。

今季は中継ぎに回っていますが、もともと中継ぎだったので、要所は分かっている感じです。

 

8,9回と尾仲祐哉投手が登板し、無失点。

尾仲祐哉投手

 

サード村上選手のエラー後、犠打で得点圏に松原選手を置く羽目になりましたが、何とか踏ん張り得点を与えなかったのは大きかったと思います。

9回も岡本選手に安打されたものの、後続を3飛球と切って、得点を与えませんでした。

 

サブメンバーはそれぞれ役割を果たし、ピンチになっても大崩れせずに締まった試合展開にしてくれましたので、明日に繋がる継投と感じました。

 

如何せん、現状の貧打線では3点差は重かった。

ただ、良いところが全くなかったかと言えばそうでもありません。

まず、オスナ選手

3試合続けての先制打で、絶好調をキープしています。

オスナ先制タイムリー

今季はホント、頼りになります。

 

青木宣親選手。

このところイマイチでしたが、この試合では2安打です。

青木マルチ安打出典ヤクルト公式サイト20230422

青木マルチ安打 出典ヤクルト公式サイト2023/04/22

7回は得点の為のチャンスメイク安打となりました。

 

武岡龍世選手。

武岡龍世2023

この日は2番で先発し、しっかり犠打を決めて得点に繋げました。

せっかくのチャンスにアピールです。

 

川端慎吾選手。

7回、1アウト、一・三塁で代打でした。

川端慎吾選手

サードゴロでしたが、サード岡本選手がファンブルして得点が入りました。

川端選手

エラーのため打点とはなりませんでしたが。。。

川端選手の登場は、かなり相手にプレッシャーを与えるようです。

 

 

それにしても村上選手。

村上宗隆2023

不調を超えてどん底の状態です。

打つべき球にもバットが出ずで、昨年の終盤55号を打って以来続く不調から立ち直れません。

そろそろ底かと思いきや、更なる深みに落ちた感じです。

ここまでくると試合での立ち直りが期待できるか疑問です。

高津監督がどうするか注目しています。

 

 

次は吉村貢司郎投手先発、ジャイアンツは横川 凱投手です。

吉村貢司郎2023 VS 横川凱

正直点はやれません。

立ち上がりからある程度飛ばすか??

 

 

プロ野球 セリーグ 試合結果 2023年4月22日

東京ヤクルトスワローズ    2-4   東京読売ジャイアンツ 神宮球場
中日ドラゴンズ        0-2   阪神タイガース バンテリンドーム
広島東洋カープ        3-0   横浜DeNAベイスターズ マツダスタジアム

 

プロ野球 セリーグ 順位表  2023年4月22日 試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 ヤクルト 18 10 7 1 .588 0.0
1 阪神 18 10 7 1 .588 0.0
3 DeNA 16 9 7 0 .563 0.5
4 広島 18 10 8 0 .556 0.0
5 巨人 19 7 12 0 .368 3.5
6 中日 17 6 11 0 .353 0.0

 

 

コメント