小川投打の活躍で7勝目 念願のマジック11に再々点灯

小川決勝タイムリー プロ野球・ピッチャー

9月11日  対  横浜DeNAベイスターズ

重要な試合を小川投手を中心に投手陣の頑張りで勝利しました。

投打に活躍の小川投手が光りました。

9/11 横浜DeNAベイスターズ 対  東京ヤクルトスワローズ 試合結果

R H E
ヤクルト 0 0 0 0 1 0 0 0 0 8 1
横浜 0 0 0 6 0 0 0 0 0 0 7 0

・広島本塁打    無し

・ヤクルト本塁打  無し

バッテリー

ヤクルト 小川泰弘、H清水昇、Sマクガフ – 中村悠平
DeNA 大貫晋一、伊勢大夢、山﨑康晃 – 嶺井博希、伊藤光
小川決勝タイムリー出典ヤクルト公式サイト20220911

小川決勝タイムリー 出典ヤクルト公式サイト

 

小川泰弘投手

先発小川投手

絶好調ではありませんでした。

今回は少し投球内容を変えストレート多めとしたため、相手が少し戸惑った感じもします。

結構ストレートを見逃していましたから。

低めを意識で、粘られても根負けせずにしっかり粘った投球でした。

中村捕手との息もあっていいリズムでの投球が好投を引き出したと思います。

昨今は序盤での失点や6~7回あたりの失点が多かったのですが、この試合は粘投に徹しベテランらしい良い内容でした。

 

バッターとしても活躍しました。

5回先制のタイムリーでしたが、これがこの日唯一の得点したから、試合を決めた決勝タイムリーとなりました。

小川決勝タイムリー

 

相手ミスで3塁に走者を置いた関係で、低めは避ける配球も読んだように思います。

内野の頭越えを意識したバッテイングは見事でした。

兎に角頭を超えれば一点ですから。

小川決勝タイムリー

ヒーローインタビューでは、

「とにかく攻める気持ちで投げていきましたし、強力打線だったのでとにかく分断できるように、そういう思いで粘っていこうと思って投げることができました」

キャッチャーの中村悠平選手としっかり話し合って、緩急使いながら、真っすぐもそんなに速くないので速く見せられるように工夫しながら投げられたと思います」

と、ベテランらしいコメントでした。

 

 

この試合は繋ぎを意識して6番に青木宣親選手でしたが、やはり大一番ではいい味が出ます。

引続き山の横浜戦はこの打順がいい感じです。

 

 

この試合9回に宮崎選手の当たりを処理に手間取って併殺が取れずピンチを残した村上宗隆選手

村上処理に手間取る

 

次のソト選手の当たりを好捕して、早速汚名挽回をしました。

 

9回2死二塁でソト選手ですから緊迫の場面です。

マクガフ投手の初球がど真ん中の141Kmフォークボールでした。

当然良い当たりがレフトに飛び、村上選手の頭上越えでサヨナラかと思った瞬間、なんと球はグラブに。

村上好捕で試合狩猟

やはり「持っている選手」はミスもすぐ取り戻す機会を得る感じですなぁ。。。

試合のラストが神様降臨っぽかったのに感心。

 

マクガフ投手、36セーブ目が付きました。

マクガフ36セーブ目出典ヤクルト公式サイト20220911

 

 

この試合、残念なのが9回の攻撃でした。

サンタナ選手の当たりは二塁打でしたが、一塁走者長岡選手が走塁死となり得点にはなりませんでした。

代打サンタナ二塁打

1点差、9回、打順、アウトカウント、走者の足など試合状況を考えれば3塁で止めるべきでした。

長岡選手自身も状況から止まる感じでした。

 

3塁コーチの判断ミスです。

森岡コーチ、これまでにも結構判断に疑問が多く、そもそも行く行かないの指示の出すタイミングが遅い傾向があります。

負けていればこれが大きな敗因となるところでした。

 

 

横浜に1戦目を勝ったことで、かなり有利になりました。

マジックも再々点灯で11です。

正直中盤にマジックが出た時は53とかいった数字だったので、全く実感はありませんでした。

今回は現実味がありますね。

気持ちよく次戦が戦えます。

 

今日は月曜日ですが横浜との2戦目が残っています。

先発はヤクルト原樹理投手、横浜今永昇太投手と発表されました。

原樹理 VS 今永昇太

東都大学野球同期(2015年ドラフト)の対戦です。

今永投手を崩すのは大変そうですし、原投手も不安定なのでどうなるものなのか。。。

マジックが付いたことですし、原投手には不安を払拭し冷静に攻め切って欲しいと願います。

 

 

プロ野球 セリーグ 試合結果 2022年9月11

横浜DeNAベイスターズ    7-15   東京ヤクルトスワローズ 横浜スタジアム
阪神タイガース        2-5    中日ドラゴンズ 甲子園
広島東洋カープ         7-0    東京読売ジャイアンツ マツダスタジアム

 

プロ野球 セリーグ 順位表  2022年9月11日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 ヤクルト 126 73 51 2 .589 M11
2 DeNA 123 64 57 2 .529 7.5
3 阪神 132 63 66 3 .488 5.0
4 広島 133 62 68 3 .477 1.5
5 巨人 131 61 67 3 .477 0.0
6 中日 127 57 69 1 .452 3.0

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました