キャンプ地沖縄、今からコロナが心配

浦添市民球場 番外編

1月も中盤となって、自主トレは本格化しています。

これからいよいよ2月のキャンプへと移っていきます。

 

ヤクルトキャンプ、例年通りファーストステージは沖縄浦添から始まります。

キャンプ前の心配事は今年もやはりコロナ。

なんといっても沖縄のこと。

オミクロン感染がかなり広がっています。

 

 

キャンプ地は気温の問題もありますからやはり南とならざるえません。

蔓延の心配はありますが簡単に他と言う訳にもいかないのが現状です。

 

各チームの一軍キャンプ地を表にしてみます。

球団 キャンプ地 期間
ヤクルト ANA BALL PARK 浦添

沖縄県浦添市仲間一丁目13番1号

2月1日(火)~2月28日(月)
阪神 かりゆしホテルズボールパーク宜野座

沖縄県国頭郡宜野座村字宜野座181

2月1日(火)~2月28日(月)
巨人 前半 宮崎県総合運動公園 サンマリンスタジアム宮崎

後半 沖縄県那覇市 沖縄セルラースタジアム

 

前半 2月1日(火)~14日(月)

後半 2月16日(水)~28日(月)

広島 前半 天福球場(宮崎県日南市)

 

後半 コザしんきんスタジアム(沖縄市野球場)

 

前半 2月1日(火)~2月13日(日)

後半 2月15日(火)~2月28日(月)

中日 Agreスタジアム北谷

沖縄県北谷町美浜2

2月1日(火)~2月26日(土)
DeNA アトムホームスタジアム宜野湾

沖縄県宜野湾市真志喜4-2-1

2022年2月1日(火)~27日(日)

 

それにしても、よくまぁ沖縄に集結していますね。

後半は練習試合やオープン戦が入ってくるので、同一地区にいた方が安心ですが。

 

しかし、今の沖縄の状況を考えますと、よほど管理を徹底しないとヤバそうです。

例年ですと、キャンプの休日にゴルフに出かけるなどの楽しみがあるのでしょうが。。。

 

早くも中日ビシエド選手陽性のニュースも入ってきました。

なんといってもキャンプで感染では出足で躓きとなりますからね。

管理の徹底しかありません。

 

そういえば昨年の今頃、村上宗隆選手が陽性となり早暗雲が立ち込めたことを思い出します。

自主トレ中の1月6日に感染。

濃厚接触者が

・青木宣親選手
・西浦直亨選手
・塩見泰隆選手
・宮本丈選手
・中山翔太選手
・チームスタッフ 1名

でした。

スタートが真っ暗闇でしたが、終わってみれば優勝。

選手と球団の危機感と対策が良い方向に向かったのだと感慨深いものがあります。

 

しかし、できれば美しいスタートを切りたいもの。

沖縄でも油断せずに邁進して欲しいと思います。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました