CS第一ラウンド まずはジャイアンツ勝利

11月6日

クライマックスファーストステージ  タイガース対ジャイアンツ

R H E
巨人 0 0 0 0 1 2 0 1 0 4 9 0
阪神 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0

巨人 菅野智之、デラロサ、ビエイラ、S畠世周 – 小林誠司
阪神 高橋遥人、馬場皐輔、及川雅貴、小林慶祐、齋藤友貴哉- 坂本誠志郎

菅野智之投手高橋遥人投手とあっては、予想通り開始から投手戦の展開でした。

菅野智之 高橋遥人投手

両投手とも一巡目は殆ど付け入る隙のない出来で、一点勝負の雰囲気となりました。

明暗は最初の好機をバントという最も堅実な攻めのジャイアンツと、エンドランという少しリスクを伴う攻めのタイガースに結果として差が出たことです。

先制点を取ったジャイアンツが俄然優位に流れを持ってきました。

タイガースのエンドランを読んだジャイアンツバッテリーの経験が大きかった訳ですが。。。

先制されたタイガース・・・初戦で引き分けでもアドバンテージのあるタイガースとしては、堅実な作戦の方が良かったと思います。

結果は分かりませんが確実な選択をすべきだったのではないでしょうか。

これで好機を自滅させ、完全に流れを渡しました。

次のイニングで決定的な追加点を取られ勝負が見えたと思いました。

1点であれば、いかに菅野投手でも一発で同点です。

投球の内容(攻めも)変わってきたはずです。

この2点で完全に余裕の投球になってきました。

ヤクルトとしてはもう少し消耗させて欲しかった。。。まっずいなぁ

攻撃面でも工夫はジャイアンツが上の感じでした。

チームとして統一して決めた球を打ってきたように見えました。

確りとした攻略の絵が描かれてましたね。

対するタイガースは個々ばらばらにの感じでした。

まあ菅野投手の投球内容を読み切れないようにも見えましたが。

そういう意味では、影の功労者がキャッチャーの小林誠司選手だったと思います。

短期戦の常道をしっかり行ったジャイアンツ。

対して、シーズンの延長的タイガースの違いが出た試合だと思います。

これでアドバンテージがあるはずのタイガースが追い込まれてしまいました。

二戦は実エース青柳投手。

低調な打線がどこまで得点をできるか、特に先制がカギだと思います。

菅野投手ですが、これでジャイアンツが勝ち抜くとヤクルト初戦には無理でしょうが中4日で第二戦になるかもです。

第一戦次第でしょうが。。。

この試合を見る限り、阪神と対戦する方がヤクルトはやりやすいような気がしました。

昨日も書きましたが、ファーストステージでは両者消耗して欲しいので、阪神に頑張って欲しいと思います。。。勝手な理由です。

そういえば村上宗隆選手が練習試合でまたホームランを打った模様。

村上宗隆

スポーツ報知によりますと、

セガサミーとの練習試合に「4番・三塁」で先発出場。2点リードの3回2死で相手先発の右腕・草海に対し、フルカウントからの7球目、141キロ直球を完璧に捉えて右中間席中段へと運び「思いっきり振りました」と振り返った。

何か、気持ちがスッキリで良い感じですなぁ。

コメントの「思いっきり振りました」に、レギュラーシーズンのモヤモヤを振り払えた21歳の気持ちが出ていると思います。

自分のバッテイング(技術だけではなくメンタルも)を取り戻すには、このような機会を持ててよかったと思います。

気持ちを切り替え、ファイナルステージを迎えて欲しいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする