プレミア12 韓国に競り勝ち優勝 山田哲人が3ランの仕事をして勝敗を決める! 全試合、鈴木誠也が光り、功労に脱帽

11/17 プレミア12、優勝決定戦。

韓国を押し切り勝利!

国際大会久しぶりの優勝で幕を閉じました。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 H E
韓国 3 0 0 0 0 0 0 0 0 3 5 1
日本 1 3 0 0 0 0 1 0 X 5 7 1

初回先発は、山口俊選手

いささか制球に欠けていきなりの2ホームランで3失点です。

どうなる事かの最悪スタート。

投球スタイルから余り国際試合には向いていないことは、この大会でも見え隠れしていましたが予想通りの内容でした。

ポスティングでメジャーを目指すようですが、パワーヒッターぞろいのメジャーにはどうなのか気になるところです。

先発がいきなりこけて流れを失うところでしたが、さすがは絶好調の鈴木誠也選手

流れを引き戻すタイムリーで一点をもぎ取った感じです!

この一点は取られて直ぐの反撃(しかも2アウトから)で非常に大きい得点でした。

結果的には、優勝の打の功労者は文句なく鈴木誠也選手ですね。

この勢いが冷めない2回、2アウトから四球を足がかりに(やはり四球は怖い)ヒットでつなぎます。

前日少し復調の兆しのヤクルト山田哲人選手

最終戦で存在感を示す3ランホームラン・・・いやーようやく活躍できました(ホッ)。

このまま終わっていたら悔いが残るところでした。

決勝戦での逆転ホームランですから、一番良いところを持って行った感じです。

2回以降は、高橋礼投手(2・3回)⇒⇒田口麗斗投手(4・5回)⇒⇒中川皓太投手(6回)⇒⇒甲斐野央投手(7回)⇒⇒山本由伸投手(8回)⇒⇒山崎康晃投手(9回)とそれぞれの役割をきっちりこなしての完璧なリレー

残念なことに、山口投手の不出来が余計に目立った感じとなってしまいました。。。

7回には絶対に欲しかった追加点を、好調の坂本勇人・浅村栄斗選手でもぎ取り、投手陣に大きなゆとりを与えました。

これで、完全に勝ムードへ。

投手陣は全体によく粘りゲームを作ってきましたが、最も目立ったのはやはり甲斐野投手だったと思います。

5試合で全て完璧な投球。

難しい6,7回辺りを投げ切り、良い流れを常に作ってきました。

新人ながらあっぱれな活躍でした。

韓国は、前回に比べ少し戦力が落ちた感じでした。

これで今年も全てのスケジュールが終わりシーズンオフです。

来年に向けた本格的な補強に話題は移ります。