小さなミスを重ね勝ち目を無くし、気が付けば敗戦

6月2日  対  楽天ゴールデンイーグルス

R H E
楽天 0 0 0 1 1 0 0 1 0 3 10 0
ヤクルト 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 4 0
バッテリー
楽天 則本昂大、H安樂智大、H宋家豪、S松井裕樹 – 太田光
ヤクルト 田口麗斗、石山泰稚、坂本光士郎、梅野雄吾、吉田大喜 – 中村悠平

小さなミスが重なり、勝が見えない見どころの少ない試合でした。

なんとなく(淡々と)試合が進む盛り上がりに欠ける内容でした。

田口麗斗先発田口麗斗投手

このところの数試合に比べ極めて出来が悪い状態でした。

制球難とも思える内容で自分の投球が出来ませんでした。

まあそれでも試合を壊す大崩れは粘りで凌いだ感じです。

一杯いっぱいでしたからまあ5回途中での降板とはなりました。

その意味では先発の責任は十分には果たせていませんませんでしたが、頑張りは見せたと思います。

投手陣。

4回の田口投手の追い込んで(0-2)からのタイムリー、

5回石山投手の代わり端の入りの一球目、

8回の吉田投手の先頭打者へのこれも入り、

共に慎重さを欠く投球(小さなミス)で失点を繰り返しました。

試合展開から中々得点できない中ではいささか迂闊な投球でした。

中で、坂本光士郎投手は踏ん張り、好投でした。

6月2日坂本好リリーフ

坂本好リリーフ 出典ヤクルト公式サイト

イニング跨ぎで四球も出しましたが被安打0、奪三振3の成績です。

4番の島内選手をを前日好投した梅野投手が引き継ぎ、2球でセンターフライに打ち取りました。

ここまでは緊張した状態で1点差。

勝敗がどちらに転ぶのかまだわからなかったのですが。。。

元山飛優攻撃陣では、なんといっても8回の元山選手のバント失敗が響きました。

しっかり決めていれば1アウト2,3塁

1点差でしたから外野フライでもの場面で相手にプレッシャー、打者には余裕が出てきます。

大きな得点機を逃し相手に流れを戻すプレーでした。

元山選手は、以前もバントを失敗しています。

今シーズンは3度成功しているのですが、失敗のイメージが多いのは、ここぞでの決めができていないせいと思います。

あまり上手では無いと言うか。。。むしろ下手と言えます。

基本的なミート力がまだ低いとも感じます。

たとえ学生時代が良くてもプロの世界は違いますから1から勉強しなければ這い上がっていけません。

阪神の佐藤輝明選手のような存在は稀有といえます。

ホームランバッターではなくオールラウンダーを目指すとすれば必須科目のバント

よほど練習しないと 背番号が重たくなります。

6番を背負うのは早すぎたかもしれませんね。。。周りが皆そういう目で見ますから。

廣岡選手の移籍、今一伸びない西浦選手、その中での今一軍に置かれている意味合いをよく考え、練習に精進して欲しいと思います。

打線は結局則本投手に抑え込まれましたが、甘い球が少なくはありませんでした。

しっかり捉えられない感じでした。

交流戦では殆ど対戦したことが無い投手ですから難しさはありますが、甘い球を逃していては中々勝てませんなぁ。

サイスニードさて、今日はサイスニード投手です。

前回の登板は初登板時とは打って変わり好投でした。

今回も好投を維持して欲しいと思います。

打撃陣は昨日を引きずらず糧にして繋いでほしい。

まだ交流戦は勝率5割です。

この勝率を維持して終了したいものです。

プロ野球 セリーグ 順位表  2021年6月2日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 阪神 50 32 16 2 .667 0.0
2 巨人 54 27 19 8 .587 4.0
3 ヤクルト 51 24 20 7 .545 2.0
4 中日 53 21 23 9 .477 3.0
5 広島 47 18 23 6 .439 1.5
6 DeNA 55 16 31 8 .340 5.0

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする