塩見連日の猛打賞、山田、青木の良い援護で好投奥川2勝目。

5月27日  対  日本ハムファイターズ

R H E
日本ハム 1 1 0 0 0 0 0 0 0 2 6 1
ヤクルト 0 0 1 0 2 0 0 2 X 5 8 0
バッテリー
ヤクルト 奥川恭伸、H今野龍太、H清水昇、Sマクガフ – 古賀優大
日本ハム 池田隆英、河野竜生、宮西尚生 – 石川亮

投打の役者が良い働きで、ヤクルトとしては理想的とも言える勝ちでした。

5月27日奥川2勝目

前回好投も勝ちにはならなかった奥川恭伸投手

パリーグ相手でどの様な投球が出来るか関心が集まるところでした。

奥川恭伸投手立ち上がりはやはり苦手か今一つの出来でした。

配球の問題もあってか上手く読まれた感じで、失点スタートでした。

ただ大崩れはせず最小失点で粘ったのは良かったと思います。

3回以降はきっちり修正してストレートを中心にストライク先行で球数を抑える事もでき、安定した内容でした。

今まで5、6回になると球威や切れが落ちていましたが、今までに比べあまり落ちが気にならない状態で6回までしっかり投げ切りました

ストライク先行でボールゾーンで勝負のコツを徐々に習得した感があります。

登板のたびに徐々にステップアップしているところは頼もしい限りです。

奥川ヒーローインタビュー上半身と下半身のバランスがよくなればもっとスピードは出るのではと期待。

そうなることで、上半身の負担も減り長いイニングが可能になると思います。

今しばらく間隔は空けて登板でしょうが、後半はローテーション通りにまで行って欲しい。。。そうなると最高なのですが。

有意義なシーズンとなりそうです。

今野、清水、マクガフの救援陣の安定感も光りました。

近藤投手が一枚欠けましたので負担が増しそうですが頑張ってほしいところです。

4月23日近藤投手近藤弘樹投手は、今まで経験したことがないほど一軍で投げ続けました。

少し体を休めた方が良いとは思います。

致命的でなければリハビリで何とかなると思うのですが、肩だけに心配です。

焦らずしっかり治して元気な姿を見せて欲しいと願います。

ここ2試合で覚醒の感の塩見泰隆選手

塩見泰隆選手

今は何処でも打てそうな勢いですが、調子維持のためにはボール打ちは厳禁(大振も)。

ブレイクしそうなときに故障やコンデション不良で今まで苦い思いをしてきました。

メンタル、フィジカルに配慮して、今度こそ故障で戦列を離れぬようにくらいついてほしいものです。

あとは選球眼

一番としての重要な役割に選球眼は欠かせません。

選球眼を含め一番らしくなれば打線は8番まで固まっていいものに

山田哲人選手

山田哲人選手

タイムリーは気持ちが生んだ感じです。

そのあと8回のヒットは良いあたりでしたので調子は上向いてきたと思います。

決勝打という結果もついてきていますしね。

積極果敢に攻め、盗塁を成功させました。

山田選手らしい技術が光る盗塁で、しかもその後山崎晃大朗選手とのダブルスチールで三塁まで落としました。

渋かったのが8回の青木宣親選手です。

5月27日青木ヒット

グラブに当てながらヒットにしてしまった守備を取り返す意識も有ったのでしょうか。

山田、山崎選手の重盗を見て上手く援護のバントの構えでの牽制をしました。

2,3塁の好機を、ついで内角球を上手くレフトへ2点タイムリーで試合を決めました。

無警戒を見て重盗を決めた山田選手も相手にプレッシャーを与えるさすがのプレーでした。

奥川投手が投げると、全員が勝たせる意識が強まることが見えた勝ちでした。

奥川玉田ヒーローインタビュー

後は、お休み状態の村上選手。

今年は打たなくとも他が打っての勝があり、そこは気分的に楽かもしれません。

とはいえ、そろそろ状態の悪さを脱したいところですね。

チームは大阪まで移動し、オリックスとの戦いになります。

バンデンハークパリーグ相手で、バンデンハーク投手が登板。

何とかねじ伏せて欲しいものです。

ただ、対するオリックスが山本由伸投手なのでね。

手ごわいというか、制球は良いし球は速いし変化球もあるしで。。。

また打線が猫さんにならぬよう全員で崩して欲しいと思います。

プロ野球 セリーグ 順位表  2021年5月27日試合終了時点

順位 チーム 試合 勝率 ゲーム差
1 阪神 45 29 14 2 .674 0.0
2 巨人 49 25 17 7 .595 3.5
3 ヤクルト 46 22 17 7 .564 1.5
4 中日 48 18 22 8 .450 4.5
5 広島 42 16 20 6 .444 0.0
6 DeNA 50 14 30 6 .318 6.0